ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

新日鉄との連携でステンレス鋼事業強化
国際競争力を高める
日新製鋼社長 鈴木英男

2010年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
鈴木英男
日新製鋼 鈴木英男社長
Photo by T.U

──鉄鋼業界の現状をどう見るか。

 一時は4割に落ち込んだ稼働率は8~9割に回復した。しかし、エコカー補助金制度や家電エコポイントなどの一時的な景気浮揚策に支えられている面も大きく、楽観はできない。

 また、鉄鋼業界は大きな構造変化に直面している。今後、生き残りをかけた競争はさらに厳しさを増すだろう。

──どのような構造変化が起きているのか。

 一つは、東アジアの鉄鋼市場の需給バランスが大きく崩れ始めていること。世界の粗鋼生産量が12億~13億トンで、そのうち約4割を中国が占めている。いずれ、中国で生産された鉄鋼製品は、内需だけでは消化し切れず、東アジアの各国市場へと大量に輸出されるだろう。

 二つ目は、中国の粗鋼生産能力の増大に伴い、鉄鉱石、原料炭、原油などの価格がさらに上昇することだ。自動車、家電メーカーをはじめとするユーザー企業も厳しい競争を強いられている。コスト上昇分を製品価格に転嫁することは難しい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧