タイ 2013年7月18日

タイに住む日本人からの相談
「新車購入でトラブル続き。車両登録が完了しているかもわからず、不安です」
【前編】タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:新車購入でトラブル続き 
(前略)最近車を買いました。正規の販売店で買ったのですが、契約当初から支払額が間違っていたり、いろいろと問題がありました。
 購入後、燃料計の調子がおかしく(中略)、買った店に行きました。修理が完了したと言われましたが、報告書も何もなく、怪しいと思っていたらやっぱり直っていませんでした。(中略)
 家の近くのディーラーに修理してもらおうと思い、部品を注文したところ、買ったディーラーから電話がかかってきて、「燃料計がリコールになったから、修理をしないといけない。バンコクまで持ってきてください」と言われました。(中略)家の近くのディーラーで修理すると言ったところ、「これはリコールだから他のディーラーでは修理ができない」と言われました。
(中略)この車は現金で一括払いで購入しました。買ったディーラーに車両登録もお願いして、領収書も書類もすべて預けたのですが、約束した60日が過ぎても赤い仮ナンバープレートのままで、本登録が完了しません。役所相手だから混んでいて遅いのかと思いましたが、(中略)ひょっとしたらきちんと登録されていないのではないかと怪しんでいます。
 ディーラーに登録を頼んだ場合、勝手に他人名義で登録されたりすることはないのでしょうか?
また、きちんと登録してあるかどうか確認する方法はありますか?(DAISUKE)


【ブンからの回答】

リコール修理はどこで?

 まず、修理について。燃料計のリコールと聞き、どこのメーカーかわかったので、そのコールセンターに聞いてみました。

① 買ったディーラーへ事前に話しておく。
② 車のシャシーに刻まれた車台番号を探す。
③ コールセンターへその番号を告げる。

 これで、リコール対象車かどうかの確認をしてくれて、家の近くのディーラーでも無料で修理が受けられ、ガソリンのクーポン券ももらえたそうです。

登録番号はすでにある

 続いて、車両登録について。陸運局に相談しますと、「ディーラーの販売員にナンバープレートの番号を聞けばいい」ということでした。

 ナンバープレートの番号(登録番号)は車両登録の申請時に与えられており、領収書に登録が終了する期日が記載されているそうですから、販売員が「登録が済んでいないからナンバーもわからない」と返事するようなら、かなり危険です。

 その場合、お金だけ受け取って(現金一括払いなんですね!)登録していないか、最悪、DAISUKEさんの名前でローンが組まれているかもしれません。すぐにディーラーの社長に直接クレームすべきです。

 もしナンバーがわかったら、陸運局へ電話して、いつ登録が完了するのか調べることができます。

タイ陸運局担当部署電話番号:0-2271-8888 (内線2106~7)

キャッシュバックの罠

 一方、今年は車両登録に時間がかかっているのも事実です。その理由は現政権が打ち出した新車購入のキャッシュバックシステムです。これを悪用する車の販売員がいるのです(続きは次回【後編】で)。

バンコクに住むようになって「変だな?」と思ったことのひとつが、ナンバープレートをつけていないバイクや車が平気で公道を走っていること。ブンに理由を聞いたら、①バイクの場合は警察の検問を突破したとき後日捕まらないように、②盗んだものだから、③プレートを失くして新しいものをまだ買っていない場合、などがあるそう。相談者のように、登録完了前に運転してしまうケースも少なくないのでしょう【撮影/『DACO』編集部】


(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。