ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2013年後半の経済危機は日本製になる
【第3回】 2013年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
神谷秀樹 [在ニューヨーク投資銀行家。ロバ-ツ・ミタニ・LLC創業者]

グローバルに生きるには「ストリート・スマート」を目指せ
世界の街で生き抜く華僑が手本

1
nextpage

神谷秀樹氏の新刊『人間復興なくして経済復興なし!』(亜紀書房)に関するインタビューの最終回は経済危機のテーマから離れ、グローバルに生きるために必要なこと、そして今後のプランを語っていただいた。(聞き手・ダイヤモンド社書籍オンライン編集部)

「アカデミック・スマート」より「ストリート・スマート」

――神谷さんのご略歴を拝見しますと、大学時代に留学生と交流するサークルに入ったり、アメリカを旅行されたりはしていますが、アメリカに留学されるとかMBAをとるといったことはなく、邦銀からゴールドマンサックスに移っていらっしゃいます。今、日本では「グローバル人材」の育成が急務と叫ばれておりますが、ご自身の経験に照らしてグローバルに活躍できる人になるには、何を学ぶこと、身に付けることが重要とお考えでしょうか?

 成績が悪かったので、学生時代に奨学金をいただくというようなことは無理でしたし、名門大学に修士号を貰いにゆくということなど、現実的ではありませんでした。住友銀行には、免状を取らないで済む語学研修生として、ブラジルの拠点がない、いいかえれば頼れる人のいない都市の語学学校と大学に、ぶちこんで貰いました。

 海外で暮らすことに躊躇がなかったのは、6歳から9歳までをバンコックで過ごしたことが影響しています。

 私は「アカデミック・スマート」ではありませんが、「書を捨て街に出よ」で、「ストリート・スマート」になることには努めました。

 グローバルに生きるには、たしかに立派な学校に勉強に行くのも一つの方法ですが、私には世界の多くの街で、たくましく立派に生きている華僑の人々の姿が模範に見えました。彼らは立派な大学など出てなく、裸一貫で海外に出てきても、3ヵ月もすれば言葉を覚え、商売を始め、やがて蓄財し始めます。そんな姿を見て大いに刺激を受けましたし、勇気づけられました。

 大事なことは、何かわからないこと、聞きたいことがあったら、答えを持っていそうな人に、躊躇せず聞きに行く精神です。「私は未熟者で、貴方からこういうことを教えていただきたい。しかし、貴方も私を知ることにより、何か得るものがあるはずだ」という心の持ちかたで、誰にでも話しかける、問いかける、ということをしていれば、だんだん世間が広くなって行くと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



神谷秀樹 [在ニューヨーク投資銀行家。ロバ-ツ・ミタニ・LLC創業者]

1975年早稲田大学政経学部卒。住友銀行、ゴールドマン・サックスを経て1992年より現職。著書に、『たった5人の「大きな会社」』、『さらば、強欲資本主義』(以上亜紀書房)、『強欲資本主義 ウォール街の自爆』、『ゴールドマン・サックス研究 世界経済崩壊の真相』(以上文春新書)など。1984年より米国に在住。


2013年後半の経済危機は日本製になる

日本人が個人で設立し、初めて米国証券取引委員会に登録された投資銀行、ロバーツ・ミタニの創業者として、ヘッジファンドなどの「強欲資本主義」を厳しく批判している神谷秀樹氏。このほど『人間復興なくして経済復興なし!』(亜紀書房)を上梓したのを機に、ニューヨークから見たアベノミクスへの憂慮と危機感、日本の経済復興に向けての提言を語っていただいた。

「2013年後半の経済危機は日本製になる」

⇒バックナンバー一覧