ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

出発時間は、集合時間ではない。

~ 大人のマナー No.003 ~

中谷彰宏 [作家]
【第21回】 2008年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第3弾は「大人のマナー」です。マナーには2通りあって、おじぎの角度やタクシーに乗る順番など、新人研修で習うマナーは「守りのマナー」と言えます。しかし、実践で役立つのは臨機応変に対応しなければならない「攻めのマナー」の方です。今回から、一般的には紹介されることの少ない「攻めのマナー」を伝授していきたいと思います。


出発時間は、集合時間ではない。

 「朝6時ホテル出発」はコマーシャルの撮影としては遅いほうです。

 「明日は6時にホテル出発」と上司から言われると、新人はたいてい6時に来ます。それで怒られるのです。

 6時に来た人はロケバスに乗るのが一番最後になります。6時に来たのでは、ロケバスには、先輩・上司・クライアント、みんなが乗っています。

 新人の頭の中では、「6時出発」というと、6時にロビーへ来ればいいと思い込んでいるのです。それは出発時間であって、集合時間ではありません。

 大学の授業のやり方も悪いです。午後1時の授業が午後1時10分から始まるという習慣に慣れてしまっているのです。

 まずロケバスの止まっている場所に一番に来て、皆さんに「おはようございます」と挨拶することです。これがマナーです。

 あるカメラマンの方は、先輩のカメラマンから「集合時間の30分前が自分の集合時間」と教わったと言います。万が一、トラブルがあった時でも集合時間に遅れないというのが、大人のマナーです。

 「自分の集合時間をルール化」すればいいのです。最低限出発時間を言われますが、集合時間は言われません。6時ぴったりにロケバスがスタートできる状態にしておくのがマナーです。

 みんな来ているか点呼をとるのも新人の仕事です。その点呼をとる人がいないのです。

 新人の中には「6時集合」と言うと、6時に自分の部屋を出る人がいます。 「6時に部屋を出ました。エレベーターが来るのが遅かった」と言いわけをします。それをすべて逆算して6時にはロケバスに乗っている状態にしておくのです。

 集合時間と出発時間とは違うことを覚えておくことが大切なのです。


【大人のマナーその3】出発時間に、集合しない。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧