ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

2枚目にして最後のクラシック・アルバム
「時」を発売、ライブも激増(2004年)

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第30回】 2013年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ソプラノ・ヴォイスによるアルバム「時」の発売後、2004年12月にクリスマスにちなんだコンサートへ4回出演している。これらのプログラムには、「時」の中から数曲が選択されていた。「時」は生前最後のアルバムであり、1992年の「ミス・サイゴン」以来、私淑してきた岩谷時子さんへのトリビュートという側面もあったようだ。

日本語詞を4作品に書く

アルバム「時」(日本コロムビア)

 前作「AVE MARIA」(連載第20回)から1年半後の発売である。この間の事情をファンクラブの会報にこう書いていた。

 「Newアルバム『時』が発売になりました。制作期間が、こだわり続け1年以上になってしまい、みなさんの手に届くのが遅くなって本当にごめんなさい!! でもその分、私とスタッフの愛情がいっぱいつまったアルバムになりました!! 今回も前作品の『アヴェ・マリア』と同じ、サウンドプロデュースに井上鑑さん、そして、作詞岩谷時子先生、私本田美奈子、そして、初参加である演劇界で有名な青井陽治先生が参加してくださり、より素晴らしいアルバムが誕生したと思います」(本田美奈子「Blue Spring Club」2004年12月号)

 日本語詞を提供したのは、本田美奈子さんと岩谷時子さんがそれぞれ4作品、青井陽治さんが3作品となっている。伴奏はピアノ(キーボード)、チェロやヴァイオリンなどの弦のアンサンブルによる。

 青井陽治さん(1948-)は劇団四季を経て1976年よりフリーで活躍している演出家、劇作家、作詞家、訳詞家である。スタンリー・グリーン著『ブロードウェイ・ミュージカルfrom 1866 to 1985』(ヤマハ音楽振興会、1988)の訳者でもあり、筆者はこの本を資料として頻繁に紐解いている。

 「Newアルバム『時』の発売は11/25です。この日は、私の可愛いめいっ子の誕生日でもありますが、私の恩師、渋谷森久先生の命日でもあります。渋谷先生のお墓には岩谷先生の字で『音』と書いてあります。渋谷先生にもアルバム『ジャンクション』シングル『つばさ』その他を通して、沢山の事を教わりました。アルバム『時』を持ち、渋谷先生のお墓参りに行って、1曲1曲聞いて頂き、色んな報告をしたいと思います。アルバムのタイトル『時』は、岩谷時子先生の“時”を頂きました。大切に…大切に…歌い続けて行きたいと思います。(略)私が歌い続ける意味を今見つけました!! そうです。歌を通して太陽になる事!! とても難しい事だと思いますが、太陽の様にみなさんに光を与え続けられるように頑張りたいと思います。心を込めて…」(本田美奈子、前掲誌)

 アルバム「Junction」(1994)のプロデューサー渋谷森久さんについて、そして実際に京都の渋谷さんの墓前で発売日の翌日にCDをかけて報告した様子は連載第8回に書いた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

日本のポピュラー音楽の誕生をレコード産業の創始と同時だと考えると、1910年代にさかのぼる。この連載では、日本の音楽史100年を、たった20年の間に多様なポピュラー音楽の稜線を駆け抜けた本田美奈子さんの音楽家人生を軸にしてたどっていく。

「かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史」

⇒バックナンバー一覧