ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

その笑顔にダマされるな!
女性が上司の前でかぶる「笑顔の仮面」

――女の笑顔の“裏”を読み解く

西川敦子 [フリーライター]
【第25回】 2009年1月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 職場の女性たちは、中田堅司課長にひそかにあだ名をつけている。その名とは「モグラン」。「モグラー」「モグリン」「モグくん」「モグー」など、語尾変化をともなうことも。もちろん、本人は一切知らない。

 由来はもちろん、モグラ。一説によると「めったに顧客訪問をせず、会社にひきこもっているから」ということだが、異説もある。「部下の状況がまったく見えていないから!」というのだ。彼女たちの言い分を聞いてみよう。

 「『今、忙しい?そうでもなさそうだね』なんて言いながら、仕事を振ってくる。手元を見れば忙しいってわかるのに」

 「急いで帰ろうとしているときに、くだらない雑談で人をひきとめる」

 「顔も見たくない!と思っているときに限ってなれなれしく近寄ってくる」

 中田課長の前では、いちおう業務用スマイルを浮かべている彼女たち。それだけにこんな本音など、彼としてはまったく知りようがない――。

「ワタシの気持ちを察して!」

 女性の笑顔にダマされてはいけない。口元が微笑んでいたとしても、内心不満を募らせていることもあれば、不安を抱いていることもある。

 女性同士なら口元のゆがみや目の表情などで、それがただの笑顔ではなく、「苦笑」や「嘲笑」「泣き笑い」(あるいは単なる作り笑い)であることを見抜けるのだが、悲しいかな男性はそうした能力が低いようだ。

 もともと男性は表情を読むのが苦手なことは、第22回【「妻や部下の表情が読めないと危険!「暴発する女」に「ビビる男」】でも紹介した通り。

 「マ、マズイ。激怒しているぞ」「ふふん、どうやらビビっているな」くらいのことはわかるのだが、微妙な感情のひだなどはまったく読めない。これは、女性にとってじつにいらだたしいことなのだ。

 女性たちが求めているのは、わざわざ言葉にせずとも察してくれるオトコ。それができず、相手の気持ちなどおかまいなしにふるまう上司や同僚、パートナーなど「サイテー」なのである。

ボディランゲージで知る
女性の「本音」

 では、女性の本音を見抜き、その心をつかむ方法はあるのだろうか? 安心してほしい。じつはちゃんとあるのだ。

 そもそも女性は非言語コミュニケーションに長けている生き物である。太古の昔から、ほかの同性との連携プレイによって村や子どもたちを守ってきた。相手の微妙な心理状態を読むくらいはお手の物だ。

 同時に、自分の気持ちを他人に伝えるのもうまい。言葉だけではなく、表情で、視線で、身ぶり手ぶりで、喜怒哀楽を自在に表現できる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧