最新株式ニュース
7月17日 11時34分
バックナンバー 著者・コラム紹介

最新株式ニュース

日々の最新市況ニュース、個別銘柄のトピックスや値上がり・値下がりランキング、テクニカル分析等のニュースを配信します。また重要経済指標の事前予想や結果の分析、ストラテジスト、アナリストの相場分析も読めます。(記事提供:フィスコマネックス証券

>> 最新株式ニュース一覧はこちら
>> 株式レポート一覧はこちら

フィスコ

注目銘柄ダイジェスト(前場):三菱自動車、NEC、シャープなど

三菱自動車<7211>:162円(前日比+18円)
急伸。今期の復配が10円超になるとの観測報道が材料視される展開。年間配当額は配
当性向で見て30-40%になるとみられ、今期見通しを前提にすると150-200億円が配当
に充てられるもよう。優先株の処理状況によって配当額は変わるが、買入消却などで
普通株の増加がなければ、25-33円程度の配当とも試算されている。なお、8月1日付
けで10株を1株に併合する予定となっている。

NEC<6701>:242円(同+11円)
買い優勢。中国レノボとの携帯電話事業の統合を見送り、スマホ事業から撤退すると
報じられている。出資比率などで条件が折り合わなかったもよう。今後の特損発生の
可能性などはあるが、半導体やパソコンに続く構造改革の進展として、前向きに捉え
る動きが先行しているようだ。

シャープ<6753>:438円(同+11円)
しっかり。前日にはJPモルガン(JPM)が、投資判断「オーバーウェイト」継続で目
標株価を550円から570円に引き上げていた。バランスシートリスクは株価にすでに織
り込み済みのなか、アップルのiPad受注ならびTV受注において、シェア拡大が軌道に
乗ってきていることを評価と。業績は市場予想に対して上振れ余地があると考えてい
るもよう。

東京エレク<8035>:4930円(同-150円)
売り先行の展開。米インテルの決算発表を控えて、ハイテク株の一角には警戒感も先
行する状況と見られる。インテルは第1四半期決算時に設備投資計画を下方修正して
いるが、第2四半期も再度の下方修正が見込まれているもよう。下振れはある程度織
り込まれている印象だが、買い手控えムードにつながる形へ。アドバンテスト<6857>
などもさえない動きとなっている。

第一三共<4568>:1710円(同-34円)
さえない。野村では投資判断を「ニュートラル」から「リデュース」に格下げ、目標
株価も1550円から1350円に引き下げている。主力薬剤である降圧薬olmesartanの販売
低調を映して、業績予想を下方修正している。来期営業利益は913億円、今期予想比
16%の減益を予想。抗血栓薬の世界申請を前に、ネガティブニュースが先行すると指
摘している。

日機装<6376>:1295円(同-51円)
さえない。CB150億円の発行を発表、つなぎ売りなどの需給懸念、将来的な希薄化懸
念などが先行する状況とみられる。転換価格は1615円に決定しており、アップ率は
20%、発行済み株式数に占める潜在株式数の比率は12%になる。調達資金の使途はオ
ランダ社の株式取得資金となっているようだ。

古野電<6814>:744円(同-86円)
急落。同社が前日に発表した第1四半期の決算内容が嫌気されている。営業損益は4.2
億円の赤字となり、上半期営業利益は従来予想の12億円から4億円に下方修正してい
る。商船市場向けの売上減少、医療機器の販売低調などが業績下振れの背景に。な
お、船用事業、産業用事業ともに今後の需要増加が期待できるとして、通期業績は従
来予想を変更していない。

内田洋行<8057>:283円(同-16円)
下げ目立つ。本日が7月決算末の権利落ち日となっている。配当利回りは3.5%超と高
水準、かつ、年1回配当企業であり、権利落ちの影響が大きくなっている。PBR水準も
0.5倍と株価の割安感は強いが、第3四半期決算時には通期予想を下方修正しているな
ど業績面への警戒感は強く、権利落ちによる手仕舞い売りの動きは早まりやすいよう
だ。

アールテック<4573>:2485円(同+145円)
大幅高。上期の営業利益見通しを4.4億円から6.5億円へ、通期見通しを9.7億円から
12.9億円へとそれぞれ上方修正したことが好感されている。受託製造を行っている北
米向けの「AMITIZAカプセル」について、米スキャンポ社と販売提携先の武田<4502>
との契約に基づく納入価格の変更の結果、売上高が期初計画を上回る見込み。四季報
予想の通期営業利益は11.0億円が見込まれており、想定以上の上方修正を評価へ。


ヴィレッジV<2769>:149000円(同-37800円)
大幅反落。前期最終損益は38.3億円の赤字となり、従来予想であった12.3億円の黒字
を大きく下回ったことが嫌気されている。商品在庫の評価基準を見直し、棚卸資産の
評価損として46億円の特別損失を計上することが背景。今期営業利益は前期比4.4%
増の26.4億円が計画されているが、四季報予想では27億円が見込まれており、想定線
の内容と捉えられる格好に。なお、いちよしでは投資判断を「A」から「B」へと引
き下げへ。

ブレインP<3655>:1954円(同+286円)
大幅続伸。「ビッグデータ」ビジネスで専門家不足が顕在化する中で、同社と大学共
同利用機関法人、情報・システム研究機構の統計数理研究所が協力し、人材不足解消
の取り組みを始めると報じられたことが材料視されている。14年3月までに必要なス
キルや能力を明文化し、16年4月以降、認定制度も開始するもようで、ビッグデータ
関連としてあらためて関心が高まっている。

ファンコミ<2461>:3310円(同-200円)
売り優勢。上期の営業利益を13.1億円から16.8億円へ、通期見通しを29.0億円から
34.1億円へとそれぞれ上方修正した。パソコン向けアフィリエイト広告サービス、ス
マホ向け広告配信サービスが順調に推移していることが背景。ただし、事前の観測報
道でも、上期の収益の上振れ、通期の業績予想を上方修正する公算が大きいと伝わっ
ており、目先の材料出尽くし感が意識される格好に。

ADWAYS<2489>:380000円(同+100000円)
連日でストップ高。LINE社との基本契約に基づき、「LINEフリーコイン」の
販売を開始したと発表したことが材料視されている。「LINEフリーコイン」は、
LINEが選定した特定のアプリをインストールすると、LINE内の仮想通貨であ
る「LINEコイン」が獲得できる。また、今回の提携により、同社のスマホアプリ
向け広告サービス「AppDriver」に広告出稿を行うアプリデベロッパーは、
「LINEフリーコイン」へ出稿することが可能になると。

(フィスコ)


株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年7月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2441本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 121本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1015本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1027本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。投資信託の申込手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。投信積立、NISA・ジュニアNISAも対象。2017年6月1日(木)~7月31日(月)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2473本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!