シェール革命は日本に何をもたらすのか
【第3回】 2013年7月22日
著者・コラム紹介
伊原 賢
印刷向け表示

天然ガスシフト本格到来! 
産業界が受けるインパクトと求められる戦略とは
――伊原 賢・独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 上席研究員

シェールガス/シェールオイルとは何か

いはら・まさる
独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)上席研究員、1983年東京大学工学部卒、1994年工学博士(東京大学)、2008年より石油・天然ガスの採掘技術の調査分析をTVマスコミや雑誌へ発信。 著書に「シェールガス争奪戦 日刊工業新聞社」、「シェールガス革命とは何か 東洋経済新報社」、「天然ガスシフトの時代 日刊工業新聞社」他がある。

 今年は、世界のエネルギー調達戦略を大きく揺るがす年である。なぜなら、アメリカを中心に、シェールガス/オイルの本格的な商業生産が始まっているからだ。当然、日本も無関係ではない。日本の産業界は具体的にどのようなインパクトを受けるのだろうか。

 本題に入る前に、まずシェールガス/オイルについてのおさらいをしておこう。

 シェールというのは、書道で用いる「すずり」のような黒っぽい泥岩の一種で、「頁岩」(けつがん)と呼ばれる。地下に堆積した1億数千万年前のシダや藻などの植物の死骸に、圧力がかかって温度が高まり、炭化水素に変わったものだ。炭化水素のもとになるので「石油根源岩」(英語でソースロック:source rock)という言い方もする。この岩の中に取り残されている油やガスのことをシェールガス/オイルと呼び、採掘技術の進歩によって、近年取り出せるようになってきたのだ。

 頁岩のなかのどれくらいの隙間にガスやオイルが閉じ込められているかというと、10-9m(ナノメートル)、それを面積に直すと10-18平方メートルだ。採掘技術が開発される前まで、取り出すことができないほど狭い隙間に閉じ込められていたのだ。

 では、地球上にどのくらいの量が閉じ込められているのか。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

シェール革命は日本に何をもたらすのか

アメリカで起こったシェール革命は、世界の天然ガス産出国に大きな衝撃を与え、また輸入国にとっても、少しでも安価に天然ガスを輸入しようと、資源外交の練り直しが迫られている。東日本大震災以来、エネルギーの安定確保は日本にとって喫緊の課題だ。そうした状況下で、シェール革命は、日本に何をもたらすのだろうか。

「シェール革命は日本に何をもたらすのか」

⇒バックナンバー一覧