インドネシア 2013年7月25日

インフラ整備が追いつかない!
ジャカルタへの日系企業進出と人材バブルはひと段落!?

日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社JACリクルートメントで日系企業・日本人求職者のサポートを担当。ジャカルタ在住8年の長野記者が、活気・熱気あふれるメトロポリタン・ジャカルタの今をお伝えします!

2011~12年、世界の注目を集めて投資バブルに

 この数年、日本の新聞や雑誌、メディアでも「インドネシア」「ジャカルタ」を目にすることが多くなりました。私が現在の会社JACに就職した8年前とは大違いです。

 ましてや日本語教師としてインドネシアに来た13年前は、まわりの人から「まだジャングルなんじゃないか」「電気はあるのか」などと聞かれるほどで、日本人のインドネシアに対する情報の少なさを感じていました。

 かくいう私も、日本語教師としての派遣先がインドネシア(西ジャワ州・バンドン)に決まったときに、はじめてインドネシアの場所や使われている言語、宗教について知ったのですが……というくらい、日本から遠い国だったと思います。

 私が勤めているJACインドネシアでは人材紹介のほか、会社の設立や人事コンサルティングのなどのサービスも提供しているのですが、2011~12年の1年間で200社を超える日系企業(メーカー、専門商社、サービス業など)からインドネシア進出の相談をお受けしました。

 会社設立の前段階(現地調査)の企業数もかなり増え、地方商工会議所などが10社程度の企業を取りまとめて視察する際に、インドネシアの文化を含む人材・雇用状況についてセミナーを開いてほしいとの依頼も数多くいただいていました。

 日系企業だけでもこれだけの動きがあるということは、非日系企業の進出も当然増えているので、インドネシアは進出企業・投資バブルとなり、日本や世界の注目を集めたわけです。

 しかし、現地の状況はそう単純ではありません(メディア等で報道されている内容がすべてだと思っている方は少ないと思いますが)。

 進出しようにも工場を建設する土地がなく、空いている土地は数カ月単位で値上がりしています。ジャカルタ中心部のオフィスビルの賃貸料金も数倍に跳ね上がり、それでも空きを探すのは難しい状況。インフラ整備は追いつかず殺人的な渋滞、人件費の高騰、ガソリン値上げなど、なかなか簡単に解決できない問題が山積みです。

ジャカルタの目抜き通り【撮影/長野綾子】
オフィスやショッピングモール、マンションなどの建設ラッシュが続く【撮影/長野綾子】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。