ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【三菱UFJ信託銀行】
激変する信託業界
“いいとこ取り”戦略で優位性の維持なるか

週刊ダイヤモンド編集部
【第127回】 2013年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

三井住友信託が規模の大きさを利用して新規顧客の獲得に走り、みずほ信託がグループの顧客基盤をフル活用して効率性を追求する中、長く業界の盟主だった三菱UFJ信託は優位性を保てるか。

 メガバンクグループ傘下という恩恵は頂戴しつつも、あくまで一銀行としてグループ他銀行からの独立性は堅持する“いいとこ取り”の戦略──。それで長らく業界トップに君臨していたのが三菱UFJ信託銀行だ。

 「自前主義にこだわる三井住友信託さんとも、信託(機能提供)会社に徹しようとするみずほ信託さんとも違う」

 三菱UFJ信託の徳成旨亮専務がこう語るように、同行は独立系の三井住友信託銀行とは異なり、三菱東京UFJ銀行(BTMU)を中心とする三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)内の顧客基盤が利用できる。一方で、同じメガ傘下でも、貸し出しなどの銀行業務は最低限にとどめ、信託業務に経営資源を集中するみずほ信託銀行ほどには、信託業務に偏らないビジネスモデルを取る。

 もちろん、いいとこ取りといえども、常に業績が好調だったわけではない。ここ数年こそ収益が反転して回復に向かっているものの、2013年3月期の実質業務純益はこの10年間でピークだった07年3月期の6割弱という水準だ。

 おまけに業界地図も一変した。前出の三井住友信託は12年4月に住友信託銀行、中央三井信託銀行、中央三井アセット信託銀行が合併してできたメガ信託。同行の誕生で三菱UFJ信託は規模で業界2位に陥落してしまった(図(2))。

 ただ、利益率に目を転じてみると、この勢力図からはまた違った景色が見えてくる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧