ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

サイゼリヤ(下)
正垣泰彦会長インタビュー
「流通の仕組みを変え産業化する。
目指すは外食の製造直販業」

2009年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

少子高齢化に長引く不況。外食産業が厳しさを増すなか、サイゼリヤだけは気炎を上げている。その裏には食材を種から作るこだわりと、食品加工工場を活用し、店舗作業を限界まで簡素化してきた積み重ねがある。正垣会長が目指すのは、外食企業の枠を超えた製造直販業だ。その戦略をじっくり聞いた(聞き手/『週刊ダイヤモンド』編集部 片田江康男)

正垣泰彦
撮影/住友一俊

 イタリア料理はすごくシンプルで毎日食べられる料理だ。それに、チーズや生ハム、ワインなど一緒に口にする飲食材の種類が豊富だから、組み合わせて楽しめる料理でもある。イタリア料理の豊かさや楽しさを日本に広げたいと思って創業した。

 だが、メニューの値段を気にしないで自分の好きなものを組み合わせることができないと、それは実感できない。だから単価は安くないとダメだ。

 うちの店で値段を気にしながら注文する人はそれほど多くないと思う。ようやく、サイゼリヤでもお年寄りがワインを飲みながら楽しそうに食事をしている姿が見られるようになってきた。40年たってやっと、自分が思い描いたことができ始めた。

 料理を安く出すのと同時に、社員には世間並みの給料を払わないといけない。しかし、(42年前の)創業当時の外食業の収益構造では世間の半分くらいしか給料は払えなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧