ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

OBでなくても可! 応援したい大学の部活へ
「差し入れ」ができるWEBサービス

加藤 力
2013年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 甲子園でおなじみの全国高校野球選手権、冬の全国高校サッカー選手権、春高バレー…、人気大会が目白押しの高校部活と、プロ野球やJリーグなど華やかなプロスポーツとの狭間で、「大学スポーツ」はやや影の薄い存在となっている。

 そんな大学部活を応援する「サシイレ」というユニークなWEBサービスが注目を浴びている。その名の通り、応援する大学の部活動に対して、いつでも気軽に差し入れができるというもの。

OBや卒業生以外からも差し入れが入り、学生たちのエネルギー源となっている(写真提供:大学スポーツチャンネル)

 手続きはいたってシンプル。応援したい大学の部活を選び、差し入れする商品を提携企業のカタログの中から選んで購入すると、部活の練習場や寮に品物が届くというもの。お礼として、部活からメッセージと写真入りのポストカードが届くことになっている。この「ありがとう」メッセージは本サイトでも公開され、チームのPRにもひと役買っている。商品価格の1~2割(商品によって異なる)が、WEBサービス側が得る手数料収入となっている。

 運営会社は、大学スポーツチャンネル。サシイレは、東京都が主催する「ビジネスプランコンテスト学生起業家選手権」で優秀賞に輝いた企画がベースとなっており、同社は受賞した青山学院大学のメンバー6人で立ち上げたもの。

 創業メンバーで取締役・プロデューサーの山内一樹氏が振り返る。「2008年10月に優秀賞をいただいて、翌年に会社を設立しました。当時は、大学スポーツを記事や映像で紹介するサイトで、メディア運営を目指しました」。いわゆる学生ベンチャーとしてスタートし、試行錯誤を繰り返して2011年に現在の「サシイレ」というシンプルなサービスに行き着いた。

 「大学運動部を取材していく中で、資金難で苦しむ部活や、バイトとの両立で練習に集中できない選手などを数多く見てきました。一方で、世の中には大学スポーツのファンの方が多くいらっしゃって、みんな好きなチームを応援したいと思っていることも肌で感じていました」と同氏が語るように、ファンが気軽に応援できる仕組みをつくれば、たくさんの方に喜んでもらえるサイトになるとの目算があった。

 かくして、2011年にスタートしたサシイレは、多数のメディアに取り上げられたこともあり、脚光を浴びる。「現在では約200の部活が登録し、月間ページビューは30~40万PV。人気のあるチームには月に20件もの差し入れが入ります」(同氏)。

次のページ>> 人気の差し入れは?
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧