経営 X 人事
若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル
【第12回】 2009年4月14日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

ダメな若手は水際でストップ! 大事なのは、「かまうに足る若手」を採用できるかどうか

――良い採用ができるかは、面接官次第?!

 前回は、「組織と折り合いをつけることができない若手が辞めたところで自分を責めるな!」と書きました。じつは、書いてしまった後、すこし反省しました。というのは、会社に入って1年や2年で組織と折り合いをつけるなんて、そう簡単にできないだろう、と思い当たったからです。いとも簡単に組織と折り合いをつけ、「言われたことは何でもやります」なんて言う若手がいたら、むしろちょっと気持ち悪いかもしれません。

 つまり、「企画をやりたい!」というように、希望を表明すること自体はかまわないのです。でも、それが自分の能力と適性、経験との見合いで会社が決定することである、ということを当たり前のことと理解できるような常識感があるかどうか。それが大事だと思うのです。

 そんな常識感のある新人こそが、「かまうに足る」人材かもしれません。そんな新人をどうすれば採用できるのか。今回は、採用のノウハウについて考えてみたいと思います。

面接では、
「過去の事実」を正確に語らせる

 すでに入社した若手人材を対象にして「適度なかまい方」を実行しましょう、というのがこの連載のメイン・テーマです。しかし、その前に「かまうに足る若手」を入社させることを考えるべきかもしれません。採用のしかたの問題です。

 新入社員研修と並行して、来年度の新卒採用が佳境を迎えています。人事部門の方々にとっては、いまが1年でもっとも忙しい時期です。

 “人事部門以外”の方が採用にどのぐらい関わっているか――これは会社によって、かなり違いがあるところでしょう。現場管理職クラスが面接に関わる会社は、少なくないと思います。しかしそこで、面接に関する専門的なトレーニングを面接官となる管理職に受けさせるケースは、そう多くはないのではないでしょうか?

 良い人材を見抜くには、ノウハウが必要です。面接官によって質問のポイントがバラバラであっては、うまくはいきません。会社として求める人材像を明確にし、それを前提に望ましい人材を採用するための方針と方法を、面接官の間で共有しておく必要があります。

 採用面接の時に意識しておかないといけないことのひとつに、「人はウソをつく」ということがあります。入社したい企業での面接では、学生は当然良いところを見せようとするものです。とくにいまの学生たちは、WEBや書籍などで「面接マニュアル」を相当仕込んできています。企業を選ぶために大事な「志望動機」や「自己分析」さえも、マニュアルに準拠して身につけるケースが少なくありません。しかし、動機薄弱である若手は、試練に対する耐性が低く、当然ながら、この会社で長く働こうという意思も薄弱であるといえます。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル

若手社員はなぜすぐに辞めてしまうのか――。放置プレー上司が多い中、早期離職を防ぐためには、若手を「“適度に”かまう」ことが大切。部下を辞めさせることなく成長させる人材マネジメントのノウハウを伝授する。

「若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル」

⇒バックナンバー一覧