ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐高信氏の歯に衣着せぬ発言に、講演会場は熱く盛り上がった。「ここだけの話」が聞けるのはリアルな会場ならでは。

 去る7月24日、城山三郎経済小説大賞受賞記念講演会で、作家の佐高信氏と対談しました。その中で、リーダーに必要なものは何かという話題になったのです。佐高氏は政財界の人物の例を挙げながら、「少数意見や批判に耳を傾けることのできる人物でなければリーダーにはなれない」とおっしゃいました。まさに、その通りだと思います。

 ロスチャイルド家初代の三男であるネイサン・マイヤー・ロスチャイルドは、英国でロスチャイルド財閥の基盤を築いた人物。私の著作『ザ・ロスチャイルド』の主人公です。ネイサンは、執拗なユダヤ人への侮蔑や中傷に憤る子どもたちに対して「ロスチャイルドは、我々のことを悪しざまに言う人とこそ付き合い、手を差し伸べるのだ」と諭したといいます。19世紀初めのことです。

 当時のキリスト教徒によるユダヤ教徒差別は峻烈でした。それでもなお、子どもたちにこのように説いたわけです。今日まで世界経済に影響力を維持し続けるロスチャイルド家の神髄の一つといえるのではないでしょうか。

 もう一つ、ご紹介しましょう。やはり『ザ・ロスチャイルド』で、ネイサンの仇敵となっている人物、ナポレオン・ボナパルトにまつわるエピソードです。

 ナポレオンは、平民の出身。軍人としてキャリアをスタートし、フランス皇帝に上り詰めました。夢のようなサクセスストーリーを実現したナポレオンを、民衆は熱狂的に支持しました。そのナポレオンの躍進を支えたのが、外相などを務めたタレイランです。タレイランは、ナポレオンが欧州支配の拡大策を取ったとき、次のような言葉を残して彼の下を去りました。「彼は戦争で英雄になった。だから戦争をやめられないんだ。でも、すでにフランス人は戦争に飽き飽きしている。彼には、戦場に息子を送り出さなければならない母親たちの怨嗟の声が聞こえないのだろうか」。

 やがてナポレオンは国民の信頼を失い、失脚します。タレイランも、この失脚劇に積極的に手を貸したといわれ、戦後の外交処理に奔走しました。リーダーであり続けることができなかったナポレオンは、南大西洋の孤島セントヘレナで、失意のうちに生涯を閉じました。

 ロスチャイルドとナポレオン、リーダーの資質を備え続けたのは前者だったことを歴史が証明しています。

Maho Shibui
1971年生まれ。作家
(株)家計の総合相談センター顧問
94年立教大学経済学部経済学科卒業。
大手銀行、証券会社等を経て2000年に独立。
人材育成コンサルタントとして活躍。
12年、処女小説『ザ・ロスチャイルド』で、
第4回城山三郎経済小説大賞を受賞。 

 

 

関連記事
なぜ、ユダヤ人のロスチャイルド家は世界一の大富豪になったのか?
渋井真帆連載第2回 「希望を配る人」が真のリーダー
渋井真帆連載第3回 信念を貫いた二人のリーダー
渋井真帆連載第4回 現場で流した汗から巨大企業をつくった男
渋井真帆連載第5回 「銀行の覚悟」を日本で教えた英国人バンカー
渋井真帆連載第6回 攻めどころと引き際を心得た男 ―― 岩崎弥之助
渋井真帆連載第7回 カエサルと家康に共通する後継者選びの慧眼
渋井真帆連載第8回 技術革新で世界の女性に幸せを届けた ―― 御木本 幸吉
渋井真帆連載第9回 日本初のマーケティングミックスに成功―― 花王創業者・長瀬富郎
渋井真帆連載第10回 技術の力で明治維新を支えた―― 東芝創業者・田中久重
渋井真帆連載第11回 京都を救った異能の2人―― 槇村正直と山本覚馬

 


[PR]
DOLトップへ
お問い合わせ先

家計の総合相談センター

〒100-0005

東京都千代田区丸の内二丁目3番2号
郵船ビル1階

TEL:0120-3737-88

http://www.happylife.ne.jp/




DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧