ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

なにかを成し遂げるためにフィードバック分析で自己の強みを知る

上田惇生
【第173回】 2009年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
『P.F.ドラッカー経営論』
ダイヤモンド社刊 8400円(税込)

 「人類の歴史において、ほとんどの人たちにとっては、自己の強みを知ったところで意味がなかった。生まれながらにして、地位も仕事も決まっていた。農民の子は農民となり、職人の子は職人になった。ところが今日では、選択の自由がある。したがって、自己の適所がどこであるかを知るために、自己の強みを知ることが必要になっている」(『P.F.ドラッカー経営論』)

 こう言ってドラッカーは、自らの強みを知る方法として、14世紀にドイツの無名の聖職者が始めたというフィードバック分析なるものを教える。

 それは、その150年後、奇しくも、カトリックのイエズス会の創設者イグナチウス・ロヨラ(1491~1556年)と、プロテスタントのカルバン派の創設者ジャン・カルバン(1509~1564年)が、ほぼ同時に採用し、弟子たちに実行させたものだった。

 しかも、この2つの会派がその後大きく発展し、強大な力を発揮するようになったのも、この手法によるところが大きかったという。

 具体的には、なんの変哲もない手法である。なにか少しでも大きなことを始めるときは、その期するところを個条書きにメモしておく。そして1年後、その期待したものと実際の結果を比べる。2~3年で自分の強みがわかる。継続すれば強みの変化までわかる。

 ドラッカー自身、これを50年以上続け、その結果わかったことにその都度驚かされてきた。

 「何事かを成し遂げるのは、強みゆえである」(『P.F.ドラッカー経営論』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧