ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

中国語の発音重視か、意味重視か
製品ネーミングの成功と失敗

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第168回】 2013年8月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、数年ぶりにビール会社の関係者たちと一緒に食事する機会があった。3年前に、突然、痛風に襲われて以来、プリン体が多いビールを飲んではいけないとドクターストップがかけられたので、私は飲み物に冷たいウーロン茶を選んだ。ビール会社傘下のレストランでの会食なのに、ビールを飲まないことは申し訳ないと思った。できるだけ話題の面でビール関連の話をしようと努めた。

サッポロビールの撤退

 雑談のなかで、話題がサッポロビールの中国市場撤退に触れた。非常に惜しい思いがした。惜しいというのは、もうひとつのことが、私は秘かに気にかかっていたからだ。サッポロの中国語ネーミングだ。サッポロは中国語では「札幌」ではなく、「三宝楽」となっている。たしかに発音を聞く限り、「サッポロ」に聞こえる。「札幌」だと、中国語ではzhahuangと発音してしまう。日本人には、いったいどこの会社のことを言っているのかがわからなくなってしまう。「三宝楽」というネーミングもなかなか工夫している。

 2008年出版された拙著『中国ビジネスはネーミングで決まる』(平凡社新書)のなかで、私は下記のようにこのネーミングを取り上げたことがある。

 「サッポロビールは『三宝楽』と訳されている。……多くを意味する『三』と中国人が大好きな『宝』という漢字を組み合わせて、なんとなく宝物がたくさんあって楽しいというイメージを作ろうとしている。しかも、中国語の発音もサッポロに近い。……その努力と工夫は評価できる。もちろん、これがベストかと聞かれると、まだ検討の余地があると思う」

 いまでもそれは悪くないネーミングだと思う。しかし、この中国語ネーミングの開発を私にやらせてもらうなら、私は絶対、「三宝楽」を使わずに、「札幌」にする。たしかに発音の面では、「サッポロ」に聞こえなくなるデメリットがあるのが残念だが、逆に北海道という清々しいイメージを背負い、サッポロビールの社名に込められた精神とイメージも強調できると思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧