経営×ソーシャル
ソーシャルメディア進化論2016
【第37回】 2013年8月20日
著者・コラム紹介 バックナンバー
武田 隆 [クオン株式会社 代表取締役]

【大庭広巳氏×武田隆氏対談】(中編)
リクルートがインターネットに喰われなかったワケ

集客力のあるポータルサイトを作るうえで必要になるものとは何か。ひとつは「欲しいコンテンツが揃っていること」。そしてもうひとつは、「そのコンテンツを選びやすいとユーザーが感じられる機能が備わっていること」だ。
ただし、この2つがそなわっていればユーザーが勝手に集まってくれるというものではない。むしろここからが思案のしどころだ。
リクルートで『じゃらん』に創刊から携わった大庭広巳氏は、活躍の場を紙媒体からオンライン媒体へと移し、1999年に同社のポータルサイト「ISIZE」を立ち上げる――。

リクルートの事業は、インターネットそのものだった

武田前回は、大庭さんが旅行雑誌ならぬ「移動余暇行動情報誌」の『じゃらん』を創刊された経緯をうかがいました。その後、大庭さんはリクルート初の大型デジタルメディアをつくることになるんですよね?

大庭広巳(おおば・ひろみ)
株式会社OBAS 代表取締役。
早稲田大学法学部卒業後、1982年にCIコンサルティング会社である(株)PAOS入社。ブリヂストンCI戦略、銀座松屋BI戦略「ギフト戦略」立案などに参加。1984年、株式会社リクルート入社。AB-ROAD事業部企画推進課長として、航空会社、政府観光局のプロモーション企画開発に従事。「じゃらん」創刊準備室リーダーを経て創刊後、同副編集長、1993年編集長に。1997年、電子メディア事業部編集長を務め、ISIZE戦略プランニングに関わる。1999年、「ISIZE」OPEN後、同編集長。2000年、リクルートとUS-ABOUT社とのジョイントベンチャーである(株)リクルートアバウトドットコムジャパン(現(株)オールアバウト)設立と同時に、取締役兼COOに就任。2004年、有限会社大庭広巳事務所を設立。2011年、株式会社OBASに社名変更、現在に至る。

大庭 はい。1999年にオープンしたポータルサイト「ISIZE(イサイズ)」の立ち上げに参画します。

武田 あんなに大規模なポータルサイトがつくられたのは、当時の日本では初めてのことで……そのとき、大企業がいよいよ本気でインターネットに進出してきたぞ!と衝撃を受けたことを覚えています。

大庭 もともとリクルートは、インターネットに着手するのがすごく早かったんです。XMLで構造化された情報が、ネット上で分散処理されて、それをクロール(自動的に収集)することができたら……。

武田 もう紙の情報誌なんていらなくなってしまう、と考えたわけですね。

大庭 はい。リクルートが持っているような求人や不動産などの情報を、それぞれの企業が自社ページにアップする。それを収集できたら、もうそれで済んでしまうのでは?そういう漠然とした危機感は会社全体にありました。

武田 もともと、リクルートという会社の成り立ちが、大学の掲示板に貼ってあった就職情報をまとめて新聞にするという、いわば「情報産業」なわけですよね。そういった意味ではインターネットと親和性が高い。

大庭 親和性が高いどころか、インターネットそのものと言ってもいい「情報流通業」でしたから。だからこそ、インターネットが本格的に普及したら、自分たちの商売が終わってしまう、少なくとも紙媒体での事業モデルは終わる可能性がある、という危機感があった。

 そこで、僕が参加するはるか以前に、すでに電子メディア事業検討の組織化がなされていて、2つの方向で模索が始まっていました。ひとつは、既存の収益モデルをリモデルしてネットにどう載せるかという議論。もうひとつは、まったく新しい事業を考えようという議論。後者はいろいろおもしろい実験をしていましたね。

武田 隆(たけだ・たかし) [クオン株式会社 代表取締役]

日本大学芸術学部にてメディア美学者武邑光裕氏に師事。1996年、学生ベンチャーとして起業。クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティングに活用する「消費者コミュニティ」の理論と手法を開発。その理論の中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。システムの完成に合わせ、2000年同研究所を株式会社化。その後、自らの足で2000社の企業を回る。花王、カゴメ、ベネッセなど業界トップの会社から評価を得て、累計300社のマーケティングを支援。ソーシャルメディア構築市場トップシェア (矢野経済研究所調べ)。2015年、ベルリン支局、大阪支局開設。著書『ソーシャルメディア進化論』は松岡正剛の日本最大級の書評サイト「千夜千冊」にも取り上げられ、第6刷のロングセラーに。JFN(FM)系列ラジオ番組「企業の遺伝子」の司会進行役を務める。1974年生まれ。海浜幕張出身。


ソーシャルメディア進化論2016

「ソーシャルメディア進化論2016」

⇒バックナンバー一覧