ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略参謀
【第1回】 2013年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:稲田将人

第1章
企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?
――経営企画室 誕生

1
nextpage

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山 昇は、経営幹部の逆鱗に触れ、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木やコンサルタントの安部野の助力を得ながら、業績低迷が長引く会社の突破口を探すべく奮闘。若き経営参謀として一歩ずつ成長する――。企業改革に伴う抵抗や落とし穴などの生々しい実態をリアルに描く『戦略参謀』が8月30日に発売になりました。本連載では、同書の第1章を10回に分けてご紹介致します。

**組織改編の密談

 添谷野令美は、役員用の応接ルームに向かって歩いていた。

 ラルフローレンブラックレーベルのスーツを着て、ジミーチュウのパンプスで歩くその出で立ちは、「紳士服のしきがわ」の他の女性社員とは違い、絵に描いたような外資系キャリアウーマンのそれだった。

 髪もメイクも品よくまとまっているが、唇が薄く神経質そうな顔つきのために、通路ですれ違う社員に見せる愛想笑いは、かえって相手を委縮させた。

 「専務、失礼いたします。人事部の添谷野です」

 ドアの前で立ちどまり、ノックをすると、「おう、入れや」という声が中から聞こえてきた。応接ルームのドアを開けて中に入ると、専務の阿久津剛次が一人でソファに深く腰掛け、煙草をふかしていた。

 阿久津は高級そうなライトグレーのスーツを着ていた。

 添谷野はそのスーツを見て、このスーツ、まるでランバンみたい。「しきがわ」でも、このクラスの生地を使ったスーツを扱っているのねと一瞬思った。

 人事部長の立場ゆえ、阿久津の実年齢が60歳だとは知っていたが、あんこ型の体型に腹がポッコリと出ており、髪も薄く、白髪のほうが多いその容姿は、どう見ても60代後半だった。

 もう長いこと店頭にも立っていないようで、腕や脚の筋肉は落ち、その色白さと相まって、あまり健康そうには見えなかった。

 「最近は、どこで煙草を吸うてもええっちゅうご時世やないからなあ」

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/7~5/13)




戦略参謀

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山昇は、ある日、経営幹部の目の前で給与制度を批判したことから、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし、高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、経営改革の推進役=戦略参謀として一歩ずつ成長する。社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通して、経営企画の仕事とは何か、そして、企業改革のあり方をリアルに描く。

「戦略参謀」

⇒バックナンバー一覧