ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略参謀
【第3回】 2013年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:稲田将人

第3回
企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?
――ドーベルマン、阿久津

1
nextpage

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山 昇は、経営幹部の逆鱗に触れ、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木やコンサルタントの安部野の助力を得ながら、業績低迷が長引く会社の突破口を探すべく奮闘。若き経営参謀として一歩ずつ成長する――。企業改革に伴う抵抗や落とし穴などの生々しい実態をリアルに描く『戦略参謀』が8月30日に発売になりました。本連載では、同書の第1章を10回に分けてご紹介致します。

**きれい事では済まない仕事

 「阿久津専務って、四季川会長が創業したころから、ずっと一緒にやってきている人なんでしょう?」

 守下が尋ねた。

 「ああ。創業期からのメンバーの一人で、初期のころは営業部を見ていたらしい。強面の部長で通っていたって話だ」

 沼口は答えた。

 「へー、あの方もともと営業だったんですか。いつから、今のように管理本部を見られるようになったんですか」

 「今の四季川達志社長がトップになった時、つまり親父さんの四季川保会長から会社の代表権を引き継いだ時だよ」

 「阿久津専務って、管理系の仕事が得意なのか?」

 高山が尋ねた。

 「いや、数字にはぜんぜん強くないんだ」

 「じゃあ、どうして管理本部を見ることになったんですか?」

 守下は聞いた。

 「そんなの決まってるじゃないか。専務が営業にいたら、今の社長がやりにくいからだよ」

 「なんで?」高山が聞いてきた。

 「会長は、会社の顔として、創業からずっとやってこられた方だろ。実際に経営をやっていると、きれい事ではすまない、いろんなことがあるじゃないか。阿久津専務は、それを担ってきたんだよ」

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



戦略参謀

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山昇は、ある日、経営幹部の目の前で給与制度を批判したことから、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし、高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、経営改革の推進役=戦略参謀として一歩ずつ成長する。社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通して、経営企画の仕事とは何か、そして、企業改革のあり方をリアルに描く。

「戦略参謀」

⇒バックナンバー一覧