ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略参謀
【第5回】 2013年9月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:稲田将人

第5回
企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?
――高山、伊奈木に会う

1
nextpage

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山 昇は、経営幹部の逆鱗に触れ、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木やコンサルタントの安部野の助力を得ながら、業績低迷が長引く会社の突破口を探すべく奮闘。若き経営参謀として一歩ずつ成長する――。企業改革に伴う抵抗や落とし穴などの生々しい実態をリアルに描く『戦略参謀』が8月30日に発売になりました。本連載では、同書の第1章を10回に分けてご紹介致します。

**高山、伊奈木に会う

 翌日、高山は新設の経営企画室に初出社した。

 しきがわでは、基本的に全部門が大部屋の中にあるが、この経営企画室だけは別の一室だった。相澤が一人、すでに出社しており、机の上の拭き掃除をしていた。

 「おはようございます」と挨拶をしてから高山のもとに寄ってきて、笑顔で軽く頭を下げ、「昨日はご馳走さまでした」と言った。

 高山は相澤に教えてもらい、彼女の机の前の自分の席に着いた。

 店舗勤務だった高山にとって、自分の机を持つのははじめてだった。

 高山は席に着き、相澤に聞いた。

 「相澤さん、経営企画室って、なぜ、他の部署みたいに大部屋じゃないの?」

 「社長の意向みたいよ。経営課題の話をする時は、あまり、皆が聞き耳を立てるような場所だと不都合がある、っていうことらしいの」

 高山が、「そうなんだ」と答えたところに、室長の伊奈木が入ってきた。

 「おはよう、高山君だね」

 「はい。よろしくお願いします」

 高山は立ち上がり、両手を脇に着けて、店舗で躾をされた通りに、腰から30度曲げる挨拶をした。

 それを見て微笑んだ伊奈木も、自身の席に着いた。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)




戦略参謀

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山昇は、ある日、経営幹部の目の前で給与制度を批判したことから、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし、高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、経営改革の推進役=戦略参謀として一歩ずつ成長する。社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通して、経営企画の仕事とは何か、そして、企業改革のあり方をリアルに描く。

「戦略参謀」

⇒バックナンバー一覧