ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略参謀
【第7回】 2013年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:稲田将人

第7回
企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?
――考える仕事、「企画」業務

1
nextpage

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山 昇は、経営幹部の逆鱗に触れ、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木やコンサルタントの安部野の支援を得ながら、業績低迷が長引く会社の突破口を探すべく奮闘。若き経営参謀として一歩ずつ成長する――。企業改革に伴う抵抗や落とし穴などの生々しい実態をリアルに描く『戦略参謀』が8月30日に発売になりました。本連載では、同書の第1章を10回に分けてご紹介致します。

**PDCAのサイクルを必死に回す

 「ところで、手や体を動かす作業を分業すると言ったが、どんな商品が売れるのか、どんなチラシがより集客に有効なのか、などを考える仕事、つまり手や体より、頭を先行させて使わなければいけない仕事もある。多分、四季川さんは、今度はこんなチラシを作ってくれ、こんな商品を仕入れたほうが他の店に勝てるから探してきてくれ、こんな商品をメーカーに作ってもらおうなどということを、ずっと自分で考え、人に指示をしてやらせていたはずだ。そういう『考える仕事』を一般的に何て言う?」

 「『考える仕事』ですか……」

 高山は、自分の乏しいボキャブラリーから必死で言葉を探したが、その様子を見ていた安部野は先に、「企画だろう?」と答えを言った。

 「事業の総責任者であり、当事者である四季川さんは、事業を成功させ、成長させるために、昼夜、考え続けたはずだ。商品部、営業部、販促部をつくったとしても、その企画意図、つまり、どういう効果を狙って、どのようなものにするのかについては、自分自身で考えて、かなり具体的に指示をしていたはずだ。担当者につくらせたとしても、それでいいかどうかの最終判断は、最後まで自分自身が納得いくまで考えて行っていたはずだ。当然、うまくいくことばかりではない。読みが外れることもあっただろう。そして、その読みが外れた時には、外れた理由を徹底的に考えたはずだ」

 高山は、「何をやっても、人手とお金がかかりますものね……」と言った。

 「四季川さんは必死で、次は、もっと売上が上がるようにしよう、儲けよう、大きく成功させようと、いろいろなことを考えて実践と結果の検証をし、それを繰り返したはずだ。これを一般的にPDCAサイクルという。聞いたことあるかな」

 「いいえ、ありません」

 高山は即答した。何も知らない自分が憶測で、どうこう言うのは時間のムダだと思った。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小さな習慣

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著/田口未和 訳

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)




戦略参謀

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山昇は、ある日、経営幹部の目の前で給与制度を批判したことから、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし、高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、経営改革の推進役=戦略参謀として一歩ずつ成長する。社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通して、経営企画の仕事とは何か、そして、企業改革のあり方をリアルに描く。

「戦略参謀」

⇒バックナンバー一覧