ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング

弁護士と依頼者をマッチング
「弁護士ドットコム」が誕生するまで

宇都雅史 [インターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役]
【第5回】 2009年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 第5回では、日本初となる、弁護士と依頼者のマッチングサイト「弁護士ドットコム」を運営する、法律事務所オーセンス・代表弁護士の元榮太一郎氏に登場していただきます。IT化が遅れる弁護士業界の中で、登録弁護士が1500人を超え15000件近くの相談・見積を集めるという、今最も注目を浴びているサイトのひとつです。

 斬新なモデルの裏に隠れている、レジェンドマーケティングに迫りたいと思います。

 「携帯電話と同じく、1人1顧問弁護士の時代になります」と語る元榮氏が掲げる理念のもと運営されているのが、『弁護士ドットコム』です。

 同サイトは、法律に悩む一般ユーザー(依頼者)と、弁護士をマッチングさせる、いわばお見合いの「場」を提供しているサイトです。サイトの特徴を簡単に紹介すると、以下の4つがあげられます。

・事件を依頼したい時に、同サイトの登録弁護士へ費用の一括見積依頼ができる。
・登録弁護士にインターネットでお手軽に相談できる。
・自分に最適な弁護士を無料で検索することができる。(弁護士の口コミ評価あり)
・法律に特化したQ&A(弁護士も参加)を無料で利用できる。(掲示板形式の質疑応答サービス)

サイト「弁護士ドットコム」
元榮氏が率いるオーセンスグループ株式会社が運営する「弁護士ドットコム」

 注目すべきは、インターネット法律相談サービスです。毎月投げかけられる質問に対して、弁護士の先生による回答率が、なんと96%を達成しています。

 また、サイト立ち上げ初年度と現在のサイトの状況を比較してみると、PV数は100万PVを超え立ち上げ初年度と比べると10倍に迫る勢いに伸びています。

 元榮氏は弁護士の資格を持ち、自ら弁護士業を営みながら、毎月65万人以上が訪問する『弁護士ドットコム』を運営しています。短期間のうちに成長したその秘密は、大学時代の現体験にありました。

大学時代の接触事故が
起業のきっかけに

 元榮氏の起業のきっかけは、大学2年生のころに遡ります。

 元榮氏は自動車で接触事故を起こしました。学生で保険料を支払うことも困難だったため、自動車は無保険でした。接触事故の相手方は、ある信用金庫の副支店長の社用車。事故後、すぐに示談交渉がはじまりました。当然ながら、元榮氏は自分で交渉、相手方は保険会社の示談担当者です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宇都雅史 [インターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役]

1977年生まれ千葉県出身。21歳の時に、父の会社が倒産。倒産後の処理を手伝う。東海大学法学部卒後、コピー機販売・ネットベンチャー企業を経て同社設立。売上直結型SEO・サイト制作・運営までをワンストップで提供し企業サイトの業績UPに貢献。著書に「消えるサイト、生き残るサイト」(PHP研究所)。
インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社


本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング

「本当に強い企業」が実践している一連のプロセスは6つのステップから形成されています。本コラムでは、この6つのステップを実践する企業を取材し、その「強さ」の源を明らかにしていきます。

「本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング」

⇒バックナンバー一覧