タイ 2013年9月4日

【バンコクの忘れられない日】
植物人間か、死か……

バンコクの日本語情報誌『DACO』の発行人、沼舘幹夫さんは在タイ25年。その沼館さんがバンコクで出くわした「忘れられない1日」を回想します。

午後7時半、携帯電話が鳴った

 中山和夫さん(仮名)という3年越しでつきあっていた仕事仲間がいた。フリーのデザイナーで、当時45歳。よく朝方まで飲み明かした。

 仕事中の集中力は恐ろしいぐらいだったが、その日の予定が終了すると、右手でおちょこを持つふりをしてこっちの目をみてニッと笑いながら、その手をクイッと口元にもってゆくのが常だった。

 土曜日午後7時半。事務所にいたのは日本人スタッフの和美(仮名)と私だけ。携帯が鳴った。中山さんからだ。

 きっとこれから飲みに行こうって話だろう。こちらも別件で、これからイタリアンレストランで他のスタッフと合流するところだった。

「はいはい、中山さん。なーに?」

「あうううおおおはぁぁぁ、はぁ、はぁ、ああああああああ」

「どうしたんですか? また変な声出して」

 ふざけているのかと思った。

「うううううらららああああっ、らぁうううやああああああ」

 酔っ払っているにしては様子がおかしい。脳溢血か!

「中山さん! しゃべれないんだね! そうだね! 今、アパート? 家?」

 「い、いいいいいいいい。い、いっ。あぁあぁ」

 家なら小学校2年の娘さんが同居しているはずだ。

「中山さん、マミちゃん(仮名)いる!? 代わって。マミちゃんに代わって! わかる!」

「……もしもし」

 マミちゃんがいた。

「マミちゃん、パパどうしたんだ!」

「あのね、パパね、テーブルから落ちた携帯電話を拾おうとしてかがんだら、そのまま椅子から倒れて、口からブクブク泡を出しているの」

 感情が消し去られた声で、マミちゃんが応えた。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。