ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日本株・ドル円相場反転の裏に円キャリートレード復活期待

2010年1月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 出遅れていた日本株はここにきて、日銀がデフレファイターとしての姿勢を前面に打ち出したことによって底入れをした。結果として株価・為替相場共に大きく反転させた。

 日銀が政府との協調性を打ち出し、介入姿勢をちらつかせることによって円の先高観を払拭させた効果は大きかった。

 さらに、米国の失業者数減少など景気指標の改善も相まって、ドル円は日銀短観における想定為替レートの平均(91円16銭)よりも円安に方向転換した。円安によって輸出企業に対してのマインドも改善した。

 鳩山新政権にとっても、財政出動などを使わずに円安・株高に持っていけた点は大きい。しかし、これといった政策はなかろうとたかをくくっていた外国人からの買い戻しや、米国の株高に助けられた感は否めない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧