中国 2013年9月18日

邱永漢からもらった言葉【第3回】
「違いのわかる男になれ」

お金儲けの神様「邱永漢」人生最後の弟子で、2005年より中国四川省成都に在住。日本生まれの韓国人で、現在はグループ会社3社の社長兼取締役を勤める金さん。邱先生との日々はまさに「邱永漢学校」とも呼べるもの。その中で、今も金さんのこころに残る、邱先生の言葉を紹介してもらいましょう。

【第1回】「一円玉でもしっかり拾ってください」はこちら

【第2回】「お金持ちになる人は、お金の儲かる仕事を見つけるのがうまい人です」はこちら 

「違いのわかる男になれ」

 どこかのCMの台詞にあった言葉だと思いますが、世界で闘える人の第一条件は、違いのわかる人間になることです。

 日本で経営コンサルタントをやっていた私は、数百社にわたる経営分析を手がけ、5年間で約500万円分、数千冊の本を読み、「経営にまったく新しい問題はない」などというどこかのコンサルタントが言った言葉を真に受けて、自信満々で中国にやって来ました。

 ところが中国に来ていちばん最初にやった仕事はパソコンの購入で、それさえも上手にできず頭を抱えたわけです(パソコン購入記はこちら)。

 ある日お役人が店に抜き打ち検査に来て、「営業停止か数百万円の罰金」という話になり、大慌てで台湾人のボスに助けを求めたところ、「メシは食わせたのか?」と冷ややかに言われて、何のことかまったくわけがわかりませんでした。

 お昼時の検査は、たいていはご飯を食べに来ていると理解して、まずはメシを食わせるところがスタートだったのです。

 正直こんなことは、これまで読んだ本にはどこにも書いてなかったわけで、私にとって「まったく新しい問題」でした。

 こういうことはそれぞれの国で必ず起こるわけですが、それを知らないとあくまで日本人の常識と基準で話を進めてしまいます。それは柔軟性がないということです。

 ベトナムに行けばベトナムの事情があり、カンボジアにもまた異なる事情があるわけです。

 それを前提条件として受け入れ、常に自分の知らない何かがあると自分を疑い、それゆえに他人の言葉に耳を傾けることの「余裕」が、世界で闘うためには必要になります。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。