ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ホンダ・トヨタ対決が再燃! 
ハイブリッド車消耗戦の波紋

週刊ダイヤモンド編集部
2013年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ついに、ホンダが反撃ののろしを上げた。「今だから率直に認められるのだが、『インサイト』はトヨタ自動車の『プリウス』に完敗した。今度ばかりは、絶対に負けるわけにはいかない」(ホンダ幹部)。

 9月6日、ホンダは6年ぶりに全面改良した主力小型車「フィット」シリーズを発売した。中でも目玉は、ハイブリッド車(HEV)で、既存のハイブリッドシステムに比べ35%以上の燃費性能の向上を達成した。

新型フィットのデビューにより、HEV戦争“第2ラウンド”のゴングが鳴った。低燃費競争の行き過ぎは、自動車メーカーの企業体力を弱めることになりかねない
Photo by Fusako Asashima
拡大画像表示

 ホンダにとって、今回のフィット投入は“雪辱戦”の意味を持つ。ホンダには苦い記憶がある。2009年に、HEV専用車のインサイトを発売した矢先、HEVで先行していたトヨタが異例の価格戦略に打って出た。旧型の2代目プリウスを40万円以上も値下げして販売を継続し、新型の3代目プリウスの販売予定価格も大幅に引き下げたのだ。トヨタは自社のハイブリッドシステムの優位性も喧伝し、容赦なくインサイトをつぶしにかかった。結果的に、HEV戦争の緒戦でホンダは負けた。

 それから4年。HEV戦争“第2ラウンド”のゴングが鳴った。新型フィットは対トヨタ軸を鮮明に打ち出している。ガソリン1リットル当たりの燃費が世界最高の36.4キロメートル、価格が163.5万円~と、燃費・価格共にトヨタの小型HEV「アクア」を凌駕している(アクアの1リットル当たりの燃費は35.4キロメートル、価格は169万円~)。

 ホンダの追撃に、トヨタも手をこまねいているわけではない。大衆車の象徴である「カローラ」などにHEVの展開車種を広げる一方で、アクアの部分改良により、今期中に低燃費世界ナンバーワンの座を奪還する計画だ。

 1リットル当たりの燃費40キロメートルに迫る低燃費競争が繰り広げられる傍らで、今期は、6月に富士重工業がHEV市場へ参入し、年内までにマツダも顔をそろえる。国内市場に占めるHEV比率は、現在の約2割からさらに高まる見込みだ。

次のページ>> 手放しで喜べない隆盛
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧