フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さん。その志賀さんが長年の経験から見いだした、フィリピーノとうまくやっていくコツを教えてくれました。

 フィリピンに住んでいたらやっぱりフィリピン人に好かれたい。皆に好かれて愛されれば、何かあっても守ってくれて安心だ。病気になったり、経済的に困っても皆が助けてくれるだろう。

 日本では気にもしないことが、いやがられたり嫌われたりする。逆にどうでもよいと思っていることが、やけに感謝されたりする。「悪いことをしたら叱られるのは当たり前」「借りたものは返せ」「ウソは泥棒の始まり」などなど、道徳教育でとことん仕込まれた日本での倫理・常識は日本に置いてきて、この際フィリピーノ流をしっかり身に着けよう。

1.マバゴとマバホ(香りと臭い)

 フィリピーノは臭いに敏感だ。体臭と口臭をことのほか嫌う。だから、出がけには必ずシャワーを浴びて準備万端整える。フィリピンで体臭や口臭を感じさせる人はまずお目にかからない。欧米やアラブ、あるいはインド人などと比べたらはるかに清潔なはずの日本人でもかなりの確率で臭う人はいる。

 老臭にはクエン酸を多く含む食べ物、梅干などが効果があるそうだ。またパセリを常食する人に口臭はないという。ちなみにタバコや酒で臭い人は多いが、なぜかフィリピン人はこれさえもない。

 フィリピーノが鼻の下を人差し指でこすったら「臭い」という意思表示で、最大の侮辱の表現だから、さっさとその場から離れ去ったほうがよい。モテるコツ、その一は「いつも清潔に、臭いは大敵」だ。

2.マバエット(優しい)

 「理想の男性像は?」と聞くと、まず最初に出てくるのが「優しい人」だ。いつでも笑顔、怒っていても笑顔、遅れてきても笑顔、文句を言うときも笑顔、とにかく笑顔を絶やしてはいけない。

 仕事で部下にややこしいことを質問するとどうしても難しい顔になってしまうが、相手はそれを「怒っている」と受け止めて、構えてしまう。あるいは怖くなって、言い訳から始まってまともな答が返ってこない。そんな場面でも笑顔を交えて話せば、相手もリラックスして協力的になる。

 笑顔以外の表情はこの国ではいらないくらいだ。モテるコツ、その二は「いつも笑顔で優しく」だ。 

3.人前で怒らない、叱らない、文句を言わない

 フィリピンでは、仮に相手がミスをしたとしても、他人がそばにいる場合は決して怒ってはいけない。優しく注意するだけで十分。

 どうしても言っておきたいことがあったら、二人きりになったときに話す。それも、なぜいけないかじっくりわかりやすく説明して、できれば話の初めと終わりに相手をほめる言葉を付け加えるくらいの心構えが必要だ。

 人前で文句を言ったり叱ったりしても、相手は周囲の目を気にして、屈辱感でいっぱいで、こちらの言うことなど聞いていない。いかにこの場を逃れるか、あるいはどうやって復讐するかしか考えていない。

 日本では妻や子どもを人前で叱責するのは普通だが、フィリピンでそれをやったら一巻の終わりだ。恋人なら、もう二度と会うこともないだろう。モテるコツ、その三は「人前で怒らない、叱らない」だ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。