ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

人間ビフォーアフター!
「出産で豹変する妻」「釣った魚にエサをやらない夫」

――出産が女性にもたらす「脳内革命」

西川敦子 [フリーライター]
【第11回】 2008年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「中田課長。今日、時間あったら飲みに行きませんか」

 最近の若手新司クンはちょっと変だ。少し前なら、仕事が終わるやいなやそそくさと帰宅していた。

 「いいけど、早く帰らなくていいのか。子どもも生まれたばかりなんだろ」

 「だから帰りたくないんスよ…」

 若手クンがビール片手に涙目で語った内容は、次のようなものだった――。

 以前はかわいく優しかった妻が、長男が生まれてから変わってしまった。いつもカリカリ怒っているし、自分を邪魔者扱いする。『汚い手で赤ちゃんに触らないで!』『うるさいからゲームやめて!』『育児を手伝ってくれないなら、せめてどっか行ってて!』といった具合なのだ。

 「このあいだなんて、夜遅く疲れて帰ってきたら『今、寝付いたばっかりなのに起きちゃったじゃない!』って怒るんです。いくらなんでもヒドイですよ」

 離婚も真剣に考えている、という。

 中田堅二課長は遠い目になった。自分たち夫婦にもそんな時期はあったような気がする。どうにか危機は乗り越えたものの、今の妻は昔とはまるで別人だ。新婚の頃の初々しい面影はどこへ消えたのだろうか――。

 

「別の生き物」
になった妻たち

 子どもの誕生を喜ばない父親はいないだろうが、夫婦関係の変化に戸惑う男性は多いようだ。IT系企業に勤める30代男性はこうこぼす。

 「昔は明るくかわいらしい女性だったのに、今はいつも文句タラタラです。『自分は育児に明け暮れているのに、あんたは外で好きなことばかりやっている』って。別に好きなことをやってるわけじゃないですよ。家族を養わないといけないから、こうして必死に頭を下げて営業してるんじゃないですか。くたくたになって帰ってきてあれじゃあ、ホント報われないですよ」

 かなりの大恋愛の末に今の妻と結ばれたというこの男性。「今や彼女の関心は子どもにばかり向けられ、自分はまったく顧みられない」とも嘆く。

 2児の父親である40代の男性(出版系)は、妻との関係が対等なパートナーシップではなく、「上下関係」になってしまった、と感じている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧