インドネシア 2013年10月1日

バリ島のバイクにご用心!
【実録】ひったくり事件

バリ島の日本語フリーペーパー「アピ・マガジン」のアラサー女性編集者たちがリレー形式で、リアルなバリの今をお伝えします。今回は、バリ在住3年にして、初めてバイクでのひったくり事件に遭遇したラ・パール徹子さんの実録レポート。果たして対策はあるのか?

 バリ島に移住してもうすぐ丸3年が経つ。「馴れた時が怖い」を身に沁みて実感する事件が起きた。

 仕事柄、深夜に帰ることもしばしば。私の住むデンパサールは、観光地よりもぐっとローカル色の強い地域。通勤にはバイクを使用していたので、知り合いのバリ人から「夜10時以降に帰宅する時は十分に気をつけるように」とのお達しを受けていた。

 確かに、夜10時頃まではまだ市場や屋台に群がる人も多いが、夜12時ともなればすっかり人気はなくなる。私はお達しを忠実に守り、日頃からショルダーバッグを斜めがけにし、さらには体の前方にバッグを持ってきて、ひったくりに遭わないための予防策を実践していた。

 そう、実際に被害に遭うまでは……。

「少しの間」のつもりが事件に……

 事件当日、日頃使用していたショルダーバッグの肩ひもが破損してしまい、新しいショルダーバッグを購入するまでの間だけと思い、仕方なく、ストラップ部分を外してトートバッグのようにし、バイクに乗る際には肩に掛けずに足元に置いて、それを両足で挟んで固定した状態で乗っていた。

 そして信号を右折した直後のロースピードの時に、突如足元にモゾモゾとした感覚が!「野良犬が乗ってきた!?」と思ったのも束の間、バッグが私の足をすり抜け、バイクに乗った男に持ち去られて行く~~~!!! 

 咄嗟にスピードMAXでその男を追いかける。とにかく追いついて足で蹴飛ばしてバイクをコケさせてやる!と鬼の形相で、思い出すだけでも恥ずかしい罵声を発しながら、一心不乱に追いかけた……。しかし相手は速い。どんどん見えなくなり、私のスピードメーターが時速80kmを超えたところで、はっと我に返った。

 車が2台やっと通れるぐらいの道幅のこんな道で、野良犬が突然出てきて転倒でもしたらそれこそ最悪だ。そう思った私は減速。その後しばらく周辺で目撃情報やらを聞き回ったが、結果はむなしく、本気の泣き寝入り。いや、悔しくて腹立たしくて泣き寝入りしようにもできなかった。

 どこぞの馬の骨とも知れない奴にひったくりに遭い、iPhone、会社の携帯電話、カメラ、財布など、私のバリ島生活で重要な役割を担っているものたち一式が一夜にして幻のものとなってしまった。

 結局、いまだ犯人は見つからず。警察署に被害届は出したが、相手のバイクナンバーがわからないと調査しようがなく……(ごもっともです)。

 盗られた瞬間は気が動転して、相手のナンバープレートを見る余裕はなく、というか、あっという間に犯人は猛スピードで逃げていったので、まったく見えず仕舞い。わかったのは、白と黒のジャンパーを着た男だったということまで……。もしも運よく何かが出てきた時には連絡をもらうことになっているけど、今のところ音沙汰なし。

 盗られたばかりの時は絶望的だったが、その後、不幸中の幸いと思えることも判明した。
●実はその日に限ってカメラにSDカードを挿入しておらず、何百枚という思い出の数々は紛失せずに済んだ。
●iPhoneと会社の携帯を同時に盗られたわけだが、翌日すぐに携帯会社に届け出をし、同じ番号のSIMカードを再発行できた。

静かに近寄り犯行に及ぶ。2人乗りの場合が多い(本文とは関係ありません)【撮影/アピ・マガジン編集部】

次のページ>> 狙われる条件とは?


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。