ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

2022年カタールW杯開催に暗雲
オリンピックの2年後に日本開催の可能性も!?

相沢光一 [スポーツライター]
【第270回】 2013年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 巷には2020年オリンピックの東京招致成功の余韻がまだ残っているが、その2年後の2022年のFIFAワールドカップも、ひょっとすると日本で開催される可能性が出てきた。

 FIFAワールドカップの開催地はすでに3大会先まで決まっている。2014年はブラジル、2018年はロシア、そして2022年は中東・カタールだ。しかし、このカタール開催に暗雲が垂れこめ始めたのである。

冬期開催をほのめかすFIFA会長
UEFAは「夏期開催は不可能」

 W杯の開催期間は通常6~7月。この時期のカタールの気温は40度を超える。開催地がカタールに決まった後もFIFA内部では「この環境でサッカーの試合をするのは無理」という声が噴出していたようだ。カタール側もその対策として、スタジアムに強力な冷房装置を完備し、気温を28度に保つとした。

 だが、それで試合はできたとしても、世界中から集まる観客が辛い思いをする。なにしろこの時期、当のカタール国民は高温から身を守るため、極力外出を避けるという。そんなところに外国から暑さに不慣れな人たちがたくさん来て、観戦のためにホテルとスタジアムを行き来する。観客に酷暑による健康被害が出かねないというわけだ。

 そんな声の高まりに、FIFAのゼップ・ブラッター会長も特例として冬季開催をほのめかすようになる。そしてこの9月10日、「2022年の開催地をカタールにしたのは間違いだったかもしれない」と発言した。それを受けたかのように20日、FIFAに対して強い発言力を持つ欧州サッカー連盟(UEFA)の理事会が「カタールの夏季開催は不可能」という見解を発表したのだ。

 それでこれまで北半球では例のなかった冬季開催(過去の開催時期はいずれも5~7月)が現実味を帯びてきたわけだが、これにも大きな問題がある。W杯が6~7月に開催されるのは世界のサッカーをリードする欧州各国リーグがオフの時期に当たるからだ。クラブは所属選手のコンディショニングの心配をしなくて済むし、リーグ戦を中断する必要もない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧