ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド ITBizNews

オラクルのサン買収が幕開け
クラウドで加速する業界大再編

【第34回】 2009年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「サンのスポンサーはIBMではないのか」──。

 4月21日、身売り先を探していた米コンピュータ大手のサン・マイクロシステムズの買収に名乗りを上げたのは、米企業向けソフトウエア大手のオラクルだった。4月上旬、買収金額が折り合わず一度破談になったとはいえ、やはり米IBMが本命視されていただけに、業界関係者は一様に驚いた。

 サンといえば、かつてはIT業界をリードした企業だった。安価・小型の企業向けワークステーションでメインフレーム(大型汎用コンピュータ)時代を終わらせ、ダウンサイジングのトレンドをつくった。しかし、近年はサーバ市場の競争激化で業績が低迷。米金融危機による企業のIT投資激減で、昨年一二月期まで2四半期連続で純損失を計上していた。

 その赤字企業に、オラクルはなぜ74億ドル(約7400億円)もの値を付けたのか。背景には、クラウド・コンピューティング(システムやソフトをユーザーが自前で所有・運用する代わりに、ネットを経由してサービスとして利用すること)の進展に対する危機感がある。

 クラウドが進めば、パッケージソフトをわざわざ購入してパソコンにインストールする必要はない。ネット経由で、使いたいときに利用でき、使ったぶんだけ料金を支払えばいい。さらに、パッケージソフトのように自前でアップデートしなくても、サービス事業者が常に最新バージョンを提供してくれる。パッケージソフトの販売と、有料アップグレードによって安定的・継続的に収益を上げてきたオラクルのビジネスモデルは、根本から変革を迫られていた。だからこそ、ソフト単品ではなく、ハードも統合した一気通貫の付加価値サービスで差別化を図ろうとしているのだ。

 だがサンの主要製品のサーバ市場は、IBM、米ヒューレット・パッカード、米デルの3社が低価格を武器に7割強を押さえている。一方、得意のソフト分野では、米セールスフォース・ドットコムなどクラウドサービスを提供する新興企業の追い上げを受けている。

 ITは、各社が自分の専門分野に特化して協業する「水平分業型」の産業であり、一般的に、餅は餅屋に任せたほうがコストメリットは高い。ソフトとハードを合わせた一気通貫のサービスが、はたしてどの程度価格志向のユーザーに訴求することができるのか。「統合効果は不透明」(業界関係者)という見方もある。

 クラウドの進展で「業界を超えたアライアンスがさらに活発になる」(亦賀忠明・ガートナージャパンバイスプレジデント)のは確実だ。米マイクロソフトと米ヤフーの提携話も再燃の可能性が取り沙汰されている。IT業界は大再編・淘汰の時代に突入した。

(『週刊ダイヤモンド』編集部  前田 剛)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド ITBizNews

業界分析で定評ある『週刊ダイヤモンド』編集部がニュース記事の中から特に注目されているIT関連分野の最新ニュース・トピックスを中心にお届けしていきます。

「週刊ダイヤモンド ITBizNews」

⇒バックナンバー一覧