ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

口紅の原価はおいくら?
「ちまちまと原価計算する人々」の存在が、
企業の操業度不足を生む

高田直芳 [公認会計士]
【第117回】 2013年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 かつて、TBSで『クイズダービー』という番組があった。20年以上も前に終了した番組である。十年ひと昔というが、ふた昔ともなると記憶が定かでなくなる。それでも、次の出題はいまでもよく覚えている。

 答えを知りたい読者は、2012年の復活特番で同様の出題が行なわれているので、当該ウェブサイトを参照していただきたい(クイズダービー復活特番)。今回のコラムは、この「答え」に関連した商品を扱う化粧品業界が対象である。

 経営分析の観点から見て、化粧品業界が他の業界と比べて大きく異なる点は何だろうか。最大の特徴は、売上原価と販管費の構成割合にある。

 次の〔図表 2〕は、売上高原価率(売上原価を売上高で割った比率)と、売上高販管費率(販売費及び一般管理費を売上高で割った比率)を並べたものだ。トヨタ自動車、イオン、パナソニックも算出してみた。直近決算期の売上高順としている。

 トヨタ、パナソニック、イオンの売上高原価率が60%~80%であるのに対し、化粧品各社の売上高原価率は20%~30%の間に集中している。売上高原価率が20%を割っている企業が2社もある。他方、化粧品各社の売上高販管費率は、50%~70%に達する。トヨタの売上高販管費率12.4%と比べると、化粧品会社の売上高販管費率は際だって高い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧