ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ついに「原宿雑貨戦争」の火蓋が切られた!
大阪発ASOKOは“北欧の100円ショップ”に勝てるか

ダイヤモンド・オンライン編集部
2013年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
東京に初上陸の「ASOKO原宿店」

 舞台は大阪・ミナミから東京・原宿へ――。

 9月27日、大阪発の低価格雑貨店ASOKO(アソコ)2号店が東京・原宿にオープンした。また10月2日には同店から徒歩圏内の表参道に、こちらも東京初出店となる北欧発の低価格雑貨店「タイガー」のオープンが控えており、原宿は低価格雑貨の新たな激戦地となりそうだ。

 タイガーは、デンマーク企業ゼブラ社が展開する“北欧生まれの100円ショップ”とも呼ばれるデザイン性の高い低価格雑貨ブランド。昨年7月、大阪のアメリカ村に日本1号店をオープンさせ、混雑の影響で一時休業したこともあったほど大人気になった。

「ASOKO」の店内。バイヤーが海外から買い付けた商品と自社オリジナルの商品の計1000アイテムを展開

 一方、ASOKOは大阪を拠点に低価格ファッションブランド「YEVS」などを展開する遊心クリエイションが、今年3月に1号店を大阪の南堀江オレンジストリートにオープンさせたおしゃれな低価格雑貨ブランド。同じくオープン当日には、「開店時間に200人以上が列をなし、1日で3000人以上が来店した」(同社)と、こちらも大きな反響を呼んだ。

 ここまでの紹介でお分かりのとおり、両ブランドの共通点は「おしゃれな低価格雑貨」であり、1号店が「大阪・ミナミ」を舞台にしているということだ。

 ミナミは、「ZARA」や「TOPSHOP」、さらに直近では今年4月に「H&M」と「フォーエバー21」がオープンするなど、ファストファッションブランドが多数集積している。

 つまり、ミナミにはすでに流行のものを低価格で求める顧客が集まる土壌ができており、複数の店舗で買い回りすることが多いというファストファッションブランドの顧客の関心を惹くには、タイガーやASOKOにとって最高の立地だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧