ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

再編後に組織のトップを選び直し
真の田中体制を実現する
――田中久雄 東芝社長 特別インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2013年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東芝の田中久雄社長は、8月7日の説明会で、初めて社長としての経営方針を内外に示した。ここでは『週刊ダイヤモンド』9月7日号特集2「東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命」のワイド版として、田中社長の真意にさらに迫る、インタビューのロングバージョンをお届けする。

田中体制確立でいかに独自色を出せるか
Photo by Kazutoshi Sumitomo

――縦割り意識が強い東芝で、大規模な組織再編に踏み込みました。

 組織に完璧なものはないと思っています。そして、前回の大きな組織変更は2003年ですから10年たっている。その間、事業の中身や市場の状況、競合他社を含めて変わってきていますから、それに合わせて組織も変えなければいけない。

 「スマートコミュニティやヘルスケアに注力する」と、東芝が目指す方向性を外部へ明確に打ち出すのが最大のポイントですね。それと、組織が変われば社員も今までの殻を破らなければいけないんだと、意識が変わるのも重要だと思っています。

――経営方針説明会で発表した新体制の原案から進捗はありましたか。

 人事を含めて考えているところです。というのは、組織の中身が変われば当然、社内カンパニーあるいはその上のくくりである事業グループのトップも含めて、人事が変わってきますよね。それを今、私の中でいろいろ案を練っているところです。

――それで真の田中体制完成ですか。

 そうしたいと思っています。ただ、今の執行役体制は、私が社長になる前の段階で「もうお前が決めろ」と言われていたので、ほぼ私の構想でつくったわけです。今度はその執行役員たちを、新しい組織のポストとどう組み合わせていくかなので、これは私の仕事かと思っています。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧