ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

ちきりんさんと、ゲーム業界開発者の働き方を考える

石島照代 [ジャーナリスト]
【第43回】 2013年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

――この中でいちばん難しいのは、3番目ですね。開発者が営業職に移動したら、実際は負け組じゃないのに、なぜか負け組扱いになる。会社としては、ソフトを作る人がマーケティングにいてほしいと思っているのに、その人のモチベーションがすごく下がる。これはとても残念なことだと思っています。

 任天堂の宮本茂専務が「生涯クリエイター宣言」という話をするとみんな総立ちで拍手するけど、みんながみんな、なれるわけじゃない。その時に、その人が絶望しないで生きていける方法はないのかといつも考えて、私は業界と関わってきたつもりなのですが…。

ちきりん  確かにゲームが大好きで、せっかく憧れの開発者になれたのに、途中で限界が見え、自分も周りもそれに気がついたときに営業やマーケティングに移るというのは、当人にとっては屈辱的かもしれません。だけど正直なところ、私はそういう人の半分は、「食わず嫌い」だと思ってます。

 他の仕事をしてみたら、実はそっちがスゴく合っていたという人は必ずいます。自分が大好きなゲームに巡り会えたように、もう1回、別の大好きなものに出会える可能性が人生にはあるんだということを、信じてほしい。それが、「人生は二回生きられる」ってことなんです。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧