ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

ちきりんさんと、ゲーム業界開発者の働き方を考える

石島照代 [ジャーナリスト]
【第43回】 2013年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
9

ちきりん けれど、実際には当人が自発的に2つめの働き方を選び、自分は素晴らしい人生を送っていると納得している人も多い。そういう人が「自分の人生はとってもハッピーだ」って、もっと発信してほしい。

 私も「ちきりん」という2回目の人生について、多くの人に羨ましい生き方だと思ってほしいんです。ビジネスプロフェッショナルの目からみれば、こういう生き方は落ちこぼれかもしれない。でもそれは1回目の人生からの視点であって、当人から見える景色はそうじゃないと、声を大にして言いたい。

 ゲーム業界だけでなく、天才的な人はどこでもごく一部で、大半の人は違うところに行かなくちゃいけなくなる。でも幸せなことですよね。最初の人生で、自分のやりたいことがやれた。しかも二回目は別のモードでゲームができるんですから。

 1回やってみたゲームを、別のシナリオやモードでもう1回試してみる楽しさを、ぜひご自身の人生でも味わっていただけたらと思います。

previous page
9
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧