ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【マーヴィン・ゲイ「ホワッツ・ゴーイング・オン(愛のゆくえ)」】
悲しみと苦悩に満ちた喪失から希望が生まれる

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第69回】 2013年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 唐突な感じではありますが、生命についてです。

 私達の身体は60兆個の細胞で出来ています。そして、日々新陳代謝が行われ、古くなった細胞は壊れ、新しい細胞が生まれます。だから、頭では、何かが失われて何かが生まれるということは、理解できます。

 しかし、実際の人生で、最愛のパートナーが亡くなったような時、胸に去来するのは激しい喪失感です。心から血が流れ出ます。自分自身の重要な部分が欠落してしまった感じです。自分を自分たらしめていた本質を失くした感じです。

 一方、時の流れとは不思議なもので、かけがえの無い大切な人を失った傷も徐々に少しずつ癒えていきます。その傷が完全に治癒することは難しくても、何とか立ち直ることは可能です。悲しみのどん底で見たものが、次への飛躍に繋がるのかもしれません。

 と、いうわけで、今週の音盤は、マーヴィン・ゲイの「ホワッツ・ゴーイング・オン」(写真)です。マーヴィン・ゲイの最高傑作にしてニューソウルの真髄を集めたこの音盤には、喪失と創生の物語が秘められています。

政治色の強い名盤の謎

 アルバム「ホワッツ・ゴーイング・オン」の冒頭を飾る“ホワッツ・ゴーイング・オン”は、先行シングル盤として1971年1月に発表されました。

 時は、ベトナム戦争真っ最中の時代です。ニクソン大統領は、ベトナムからの撤退を模索しながらも、実際にはベトナムへの介入が加速していました。米国社会は学生を中心に反戦運動が盛り上がった『いちご白書』の頃です。“ホワッツ・ゴーイング・オン”は、そんな時代を反映して戦争を直截に批判しています。

 『冷静にいこうじゃないか。争いは答にならない。憎しみに打ち勝てるのは愛だけだ』という歌詞が印象に残ります。

 政治色いっぱいの曲でしたが、4月にはビルボード誌で全米2位まで上昇します。

 実は、それまでマーヴィン・ゲイは愛と性の歌手で、これほど政治色の強い曲を歌ったことはありませんでした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧