インドネシア 2013年10月16日

ガソリン値上げが
バリ島の日々の生活に及ぼす影響は?

バリ島の日本語フリーペーパー「アピ・マガジン」のアラサー女性編集者たちがリレー形式で、リアルなバリ情報をお届けします。今回は、今年6月に実施されたガソリン値上げが及ぼしつつある影響について。自身は車やバイクには乗らないコロさんだが、日々の生活のなかで、じわりじわりとその影響を感じているという。

 バリ島を含め、インドネシアで現在最もホットな話題。それは"ガソリン値上げ"。今年6月22日、レギュラーで1リットルあたり4500ルピア(約45円)から6500ルピア(約65円)へ、軽油で1リットルあたり4500ルピア(約45円)から5500ルピア(約55円)と、1.2~1.4倍の価格に引き上げられた。

燃料補助金が財政を圧迫?

 なぜガソリン値上げは敢行されたのか? これまでインドネシア政府は燃料補助金なるものを石油会社に支給し、そのためガソリンの価格が低く抑えられていた。この補助金が財政を圧迫しているため、どうしても削減したかったというのが政府の言い分。

 ガソリン値上げはずいぶん前から叫ばれていたらしいが、毎回大規模なデモが起こり阻まれていたとのこと。一説によると、ガソリン値上げを試みる政治家は政治生命の失墜を覚悟しなければならないほどだ、とか。

 来年7月に大統領選挙を控えているにもかかわらず、ユドヨノ大統領のこの勇断。強行に進められた国策かと思いきや、貧困層には月15万ルピア(約1500円)の補助金支給を決定した。そのため、大統領選挙へのガス抜きの意味を含めた付け焼き刃政策という声もあがっているが、この補助予算(約9兆ルピア=約100億円)を費やすほうが燃料補助金をそのままにするよりマシだという見解らしい。

バリ島の生活にガソリンは欠かせない。値上げ前日の駆け込み給油もあったとか【撮影/アピ・マガジン編集部】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。