ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
手帳は仕事と人生の支えになる――『和田裕美の営業手帳』
【第8回】 2013年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
和田裕美+ダイヤモンド社書籍編集局

手帳は私のトークの「ネタ帳」です
私を世界No.2にしてくれた手帳術

1
nextpage

和田裕美さんの手帳に込めた思いと、愛用者の方たちの様々な活用法を紹介した本連載も最終回。今回は、9月27日に東京白金台の八芳園で開催されたダイヤモンド著者セミナー、「和田裕美の 私を世界No.2にしてくれた手帳術」から一部を抜粋してご紹介する。

響いた言葉を、書いて話すと自分のものになる

 みなさん、こんばんは。今日は手帳術のお話をさせていただきます。「私を世界No.2にしてくれた手帳術」となっていますが、もちろん手帳術だけで世界No.2になったわけではなく、ほかにもたくさん努力をした結果としてNo.2になったわけです。けれど、この手帳が支えになってくれたのは事実です。

 今日は私が現役の営業ウーマンだった時代のナマの手帳をもってきました。1994年版の「ブリタニカ手帳」です。アメリカの紙のサイズで作られているそうで、『和田裕美の営業手帳』を初めてつくるときは持ちやすいサイズを目指し、日本の紙のサイズに合わせて少し小さくしました。

 さて、手帳って予定を書くものだと認識されていますが、それ以外にとにかくメモをたくさん書くことが大事だと私は思っているんです。本で読んだり、ラジオや講演会などで聞いたりして自分に響いた言葉を、ひたすらメモします。そして自分の中にインプットしていくのです。

 実は、私にとってはこの「メモ」が、まさに営業で何千人という人に会って、それぞれの人に合ったトークをするためのネタ帳になったのです。

 同じ話でも表現は変わります。それぞれの人の心に響くように、そのときのインスピレーションでネタ帳を開いて言葉を探していたのでした。営業の現場には10年間いましたから、10冊のネタ帳ができたということです。この手帳たちが、私の10年間の財産なのです。

 1994年は私がまだ営業の新人だった年です。その頃の手帳の1ページ目に何が書いてあるか。自分に響いた言葉を20代の私が書いてるわけなんですけど……。紹介しますね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



手帳は仕事と人生の支えになる――『和田裕美の営業手帳』

9月28日に発売される『和田裕美の営業手帳2014』。 営業職だけでなく、企画、技術、介護・看護、教職など幅広い層の支持を得て9年目 のロングセラーとなった手帳に込めた著者の思いを語っていただくとともに、愛用者 たちのさまざまな活用例を紹介していく。

「手帳は仕事と人生の支えになる――『和田裕美の営業手帳』」

⇒バックナンバー一覧