ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本気で「人生リセット」する資格

「司法試験」編【中編】
過酷な単位取得に耐え、法科大学院を卒業せよ

並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]
【第5回】 2007年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回からは、司法試験をキャリアプランに組み込むための戦略を述べ始める。おそらくこの稿の読者の多くは、有職の社会人だろう。それを前提に考えていく。

働きながら司法試験に合格する道は
本当に閉ざされたのか?

 まず最初に考える問題は「働きながら司法試験に合格する道は閉ざされたのか?」という点の検討である。この点について、新聞等の論調は悲観的である。すなわち、「平成18年から始まった新司法試験は、2年もしくは3年制の法科大学院を卒業しなければ受験資格がない。事実上、働きながらの道はなくなった」、という話である。

 簡単にいえば、これはほぼ誤りである。新司法試験と平行して平成23年までは旧司法試験が実施されており、平成20年は200人程度、21年は100人程度を合格させる予定が法務省から発表されている。いま「働きながらの司法試験」は、最後のイスを争うデッドヒートなのである。ただし、新規参入は難しい。

 では、新司法試験についてはどうだろうか。

 社会人にとって壁となるのは、法科大学院に入学し、卒業するまでの2年または3年間である。会社を辞めるか、休めるか。この検討の末に、断念を余儀なくされる人間が数多い。悲観的に考えれば、新司法試験は試験制度ではなく、養成システムなのである。このため「お金持ちだけが弁護士になれる制度」などと揶揄されたわけだが、そんな論調に乗っかると馬鹿を見る。働きながらの道は、不可能ではないのである。

法科大学院は「全入」時代。
入れる法科大学院はどこかにある

 物事を整理してみよう。法科大学院を修了するということは、要は修了単位を充足するということだ。大学卒業後ただちに就職した多くの社会人には、この大学院システムの割り切りが出来ていないように見える。大学院と聞くだけで、怖気をふるってしまうのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]

1961年生まれ。青山学院大学フランス文学科卒、放送大学大学院修了、修士(学術)。編集者・執筆者として長年資格取得のテーマを手がけ、関連の著書に「最新 資格の抜け道」、共著に「『資格の達人」「税理士試験免除マニュアル」(いずれもダイヤモンド社刊)がある。


本気で「人生リセット」する資格

何年かかろうともいくら金を使おうとも、本気で「あの資格が取りたい」と考えている人へ。人生リセットを賭けた、資格の取り方教えます。

「本気で「人生リセット」する資格」

⇒バックナンバー一覧