カンボジア 2013年10月8日

高まるASEANの「地域力」
継続は力となるか!?

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住。現在は現地のフリーペーパーの編集長を勤める木村文さんのカンボジアレポート。今回のテーマは、「国際競争力レポート」最新版(世界経済フォーラム)に見る、ASEANの各国の評価と今後の課題について。

外交は黒澤の羅生門!?

 もう10年以上前になるが、ブルネイで開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議を取材したときの話だ。そのときの外相会議の焦点は、南沙諸島の領有権をめぐる加盟各国の行動規範が合意されたことだった。

 当時、私たち日本人記者の間で、「ASEANのスポークスマン」と呼ばれていたのが、フィリピンのシアゾン外相。日本語を巧みに使い、欧米人記者をそっちのけで日本人記者を厚遇してくれた。

 その日も、会議を終えて出てきたシアゾン氏を会議場外で捕まえた。「行動規範ができましたね。各国の合意がとれたということですね」。そう尋ねる私たちにシアゾン氏は「「いやあ、クロサワの羅生門ですよ」と、ひとこと。もちろん日本語で。

 クロサワの羅生門? 芥川龍之介の小説「藪の中」を原作とする黒沢監督の映画「羅生門」。そこまでは知っていたが、これと南沙諸島をめぐる行動規範に何の関係が……。ぽかんとしていると、シアゾンさんはこう言った。

「外交の文書はね、国によって、読む人によって解釈が違う。でも、そういう曖昧さでいいのです。映画・羅生門のテーマは、事実はひとつでも見る人によって説明が違うというものでした。外交も同じ。合意とはそういうことです」

 これぞASEAN流。設立から40年余り、何があろうとも毎年集まる東南アジア諸国の首脳たち。ムダと言われようと、随行の閣僚たちがゴルフセット持参だろうと、北朝鮮やアメリカに主役の座を奪われようと、毎年同じ記事が使えると記者たちに悪態をつかれようと、とにかくASEAN流で、国のトップが一つの机を囲んで着席し続けた。

2012年、カンボジアは加盟以来2度目の議長国を務めた。首都プノンペンには、ASEAN10カ国のほか、日中韓、米国などASEANパートナーたちの旗がひるがえった=プノンペン市内で【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。