ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

提携戦略を進めて更なる成長を目指す
スタートアップ育成にはオープンさが必要
――ディビッド・ゴールドバーグ サーベイモンキーCEOインタビュー

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第29回】 2013年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

“ガラパゴス”時代の終焉
海外展開にチャンスあり

――デイブさんはサーベイモンキーのCEOであると同時に、投資家でもありますよね。日本でもスタートアップがどんどん生まれていて、注目が高まっています。シリコンバレーほどではないにしても、たくさんのスタートアップが生まれています。どう評価していますか。

 スタートアップがたくさん生まれる背景にはいろいろあると思いますが、一番のドライバーはモバイルウェブがグローバル化したことでしょう。“ケータイ”からスマートフォンになり、一気にチャンスが広がったということです。2年前にダイヤモンド・オンラインのインタビューに答えていますが、あのときとは状況が全然違いますね。

 グローバル化したことで、海外の会社にとっても日本のモバイルウェブ関連のビジネスを行なうスタートアップに投資しやすい状況になっています。同時に、日本のスタートアップにとっても、海外でビジネス展開しやすい状況になってきました。

 海外の投資家は日本に巨大な市場があることは知っていました。でも“ガラパゴス”って、日本のケータイ市場のことを言うでしょう? “ガラパゴス”だったから、なかなか日本のマーケットに入ってこられなかったんだけど、もう“ガラパゴス”の時代は終わったんです。これは日本のスタートアップにとって良いことですよ。

 投資は活発になってきていますよね。私は動画配信サービスのVikiへの出資者でもあるんですが、Vikiは9月に楽天に買収されました。日本の大手インターネット企業である楽天も、変化している市場を前にアグレッシブになっていますね。孫さんも最近、ものすごくアグレッシブですよね(笑)。国際展開するチャンスが広がっていて、とても良い傾向だと思います。

――日本のスタートアップが海外展開しようと考えた時、今に始まった事ではありませんが、言葉の問題も大きいと聞きます。

 PeaTiXはサービスを英語と日本語の両方で提供しています。“ガラパゴス”だったころは、日本以外でビジネスをするのは難しかったし、外国企業にとっても日本市場に入ってくるのは難しかったから、英語でサービスを考えたりする必要はなかった。

 ただ、これから海外企業も日本に入ってくるだろうし、逆に日本のスタートアップも海外展開しやすい環境になっている。そう考えると、必ずしもすべてのスタートアップがサービス提供開始から英語でのサービスを用意する必要はないと思いますが、先々のことを考えて、英語でのサービス展開を考えておく方が良いと思います。どうやってグローバル展開するかを考えるのは大切です。

 もともと、日本はたくさんのすばらしいグローバル企業を世界へ送り出してきた国ですよね。トヨタ、ソニー、挙げればたくさんあります。今はインターネットやソフトウェアの会社で、グローバルで活躍できる企業はまだまだ少ない。でも、これからたくさん出てくるだろうし、今はチャンスです。日本のスタートアップでグローバル企業が出てくるのではないかと、私はとても前向きに見ていますよ。

previous page
4
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
 
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧