ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スタンフォード大学の超人気講座 実力を100%発揮する方法
【第5回】 2013年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
シャザド・チャミン[著],田辺希久子[訳]

「賢者」の声が大きくなった私自身の体験
30代半ばで心の中の「妨害者」と出会い、闘いに勝つまで

1
nextpage

これまで4回の連載で紹介した、実力発揮をじゃまする「妨害者」とこれに対抗する「賢者」、そして妨害者を弱め賢者を強化するPQ運動といった手法はどのようにして生まれたのか。妨害者に苦しめられていた著者自身の体験を語ってもらおう。

成功と同時に心の平安と幸福を得るには?

 「必要は発明の母」と言われるが、ポジティブ・インテリジェンスという考え方が生まれるきっかけもまさにそれだった。そもそも私がこの考え方を思いついたのは、大いなる成功を得ると同時に人生における心の平安と幸福を得たかったからだ。ポジティブ・インテリジェンスのツールやテクニックは、すべて私自身が自分のために試行錯誤してきたもので、それが他人にとっても有益だと気づいたのはずっとあとのことである。

 私の子ども時代は厳しいものだった。貧しい家に生まれ、逆境に育った感受性の強い子どもだった。生まれてすぐ父親の経営する食料品店が開店そうそう破綻し、父は姿をくらまし、私たち家族は高利貸に追われることになった。迷信を信じる一家は父の商売が失敗した原因は私にあると考えたが、今さら捨て子にするわけにもいかず、せめて名前を変えようということになった。以来、シャザドという本名で呼ばれることはなかった。

 この出来事はその後の私の運命を象徴している。物理的にも精神的にも満たされることのなかった私は、うつうつとして自分の殻に閉じこもった。自分自身にも世間にも反発と怒りを抱えこんだまま、私は大人になった。

 私は高い志をもっていた。そして成長すると自分を憐れんだり、怒ったり、不安にかられたりするのはやめて、ひとかどの人間になれるよう努力しようと思った。最初に目指したのは内なる心の働きを研究することだった。大学の心理学専攻を優秀な成績で卒業し、大学院で神経生理学を1年間学んだものの、思うような答えは得られなかった。その時点で、それ以上自分の問いをつきつめていくのはあきらめた。そして多くの人がそうしているように、仕事で成功をつかむことに幸福を見出そうとした。

 その後の4年間はアイビー・リーグの名門大学で電子工学の修士課程に在籍するかたわら、通信関連の大手研究機関でシステム・エンジニアとして働いた。熱心に勉強し、優秀な成績をおさめたが、それでも幸福にはなれなかった。そこで経営修士号(MBA)をとれば幸福が手に入るのではないかと考えた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


田辺希久子(たなべ・きくこ)

 

東京教育大学卒業。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。翻訳家。神戸女学院大学教授。著書に『英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル』(三修社)、主な訳書に、『サービス・リーダーシップとは何か』『ザ・ビジョン』『1分間自己管理』『ザ・リーダーシップ』『戦争報道 メディアの大罪』『ケン・ブランチャード リーダーシップ論[完全版]』(以上ダイヤモンド社)、『通訳翻訳訓練』(みすず書房)などがある。

 


スタンフォード大学の超人気講座 実力を100%発揮する方法

あなたが実力を100%発揮できないのは、自分の心が妨害しているからだ。NYタイムズベストセラーの著者チャミンが、長年のコーチとしての経験や、脳科学、ポジティブ心理学の知見をもとに、自分の心が敵として妨害する度合と味方として働く度合を測定し、さらに心の中の敵を弱める方法を具体的に教える。数百人のビジネスパーソンが実践して劇的な成果が上がった手法を紹介。

「スタンフォード大学の超人気講座 実力を100%発揮する方法」

⇒バックナンバー一覧