フィリピン 2013年10月22日

変貌するマニラのカラオケ・クラブ--その栄枯盛衰

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。長年、フィリピン駐在の日本人企業戦士を慰め続けてきたカラオケ・クラブだが、栄枯盛衰が激しく、生まれては消え、消えては生まれる歴史を繰り返してきた。その現状は……。


 マカティにあるカラオケ・クラブ「アカシア」が250万ペソ(約625万円)で売りに出たのは2008年のこと。カラオケ「アカシア」といえば1980年代後半から20年以上営業を続けてきたカラオケの老舗中の老舗だ。

 マカティアベニュー沿いの「大好き」「ナポレオン」、パソンタモ通りの「夢の中へ」「カルチェ」などとともに、数少ない家族的なカラオケのひとつだったが、現在でも生き延びているのは「夢の中へ」くらいのものだ。いまはマニラの下町エルミタ地区やマカティのパサイロード沿いの大型ショークラブ的カラオケが隆盛で、カラオケよりもショーを見に行くという雰囲気が強い。

ショーアップと称して、カラオケ嬢(GRO)が客の前に並び、自分を指名して欲しいと、客に媚を売る【撮影/志賀和民】
 

カラオケ嬢GROには日本語が必須

 長年、フィリピン駐在の日本人企業戦士を慰め続けてきたカラオケも栄枯盛衰が激しく、生まれては消え、消えては生まれる歴史を繰り返してきた。最近はジャパユキさんが日本に行けなくなったため、日本語が話せるGRO(Guest Relation Officer、要はホステス)が激増し、カラオケ嬢の大半を占めるようになっている。

 1990年代はマカティのカラオケは駐在員用、エルミタ地区のカラオケは観光客用と棲み分けられていたのだが、最近は企業の接待費が絞られたせいか、マカティのカラオケも観光客を相手にしないと生きていけなくなったようだ。かつてマカティにはほとんどいなかった日本語を話せるGROだが、いまや日本語必須となっている。ほとんど全員が日本のどこかで働いた経験があるのだ。

 これら観光客相手のカラオケは「イリュージョン」「アップステージ」「ブルーエンジェル」「シアワセ」「ニュー・サチ」などパサイ通りあるいはパソンタモ通り沿いの大型店が主体で、昔ながらの駐在員相手のカラオケは隅のほうでひっそりと営業を続けている。

 

『浪花節だよ人生は』『とんぼ』などリズムのある曲がかかると、カラオケ嬢が全員舞台に立って客の歌に合わせて踊ってくれる【撮影/志賀和民】

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。