ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
政局LIVEアナリティクス 上久保誠人

敵を閣内に取り込まずに自滅した福田首相の「経験不足」

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]
【第6回】 2008年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 福田内閣が総辞職し、自民党総裁選がスタートした。福田首相突然の辞任表明については、様々な方が論じているが、私としては以前、この連載で論じた福田人事を「起点」にして、今日はこの辞任劇について書いてみたいと思う。

福田首相を「経験豊富」と
評価できる客観的データは無い

 まず、私は突然の辞任をした福田首相本人について書いてみたい。福田首相が辞任した時、TV・新聞などでは多くのジャーナリスト・評論家が福田首相を厳しく批判していた。しかし、私は少し福田首相が可哀そうな気がした。

 なぜなら、昨年9月に福田政権が誕生した時、同じ人たちが福田首相の「経験」と「安定感」を評価していたからだ。このジャーナリスト・評論家たちは、福田辞任を批判するならば、まず昨年9月の福田評とはなんだったのかを総括してからにしてもらいたいものである。

 「福田首相は経験豊富で安定感がある」という評価は、「福田首相をよく知るとされている人」による人物評だった。これは、いわゆる「消息筋」からの情報である。

 私はこの連載のコンセプトとして、「大物や消息筋に聞いた」というマスコミの取材手法と違って、一般に公開された情報のみを使って、それを政治学の手法で切ると唱っている。そこで、今日はまず、このコンセプトの一端を紹介することで、マスコミの手法の問題点を明らかにしてみたい。

 福田康夫という政治家を、「消息筋」の意見に頼らずに、誰でも見ることができる公開された情報を検証すれば、実は「福田首相は経験不足な政治家」であるのは、明らかなことである。

 例えば、自民党や福田さん本人のホームページから、彼の「履歴書」を確認してみると、次のことがわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]

1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。博士論文タイトルはBureaucratic Behaviour and Policy Change: Reforming the Role of Japan’s Ministry of Finance。

 


政局LIVEアナリティクス 上久保誠人

「大物政治家に話を聞いた」「消息通に話を聞いた」といった大手マスコミ政治部の取材手法とは異なり、一般に公開された情報のみを用いて、気鋭の研究者が国内・国際政局を分析する。

「政局LIVEアナリティクス 上久保誠人」

⇒バックナンバー一覧