ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
不機嫌な職場の治療法

「5月危機」でリストラ不安が拡大
現場崩壊を防ぐのは管理職の“支え合い感”

高橋克徳 [(株)ジェイフィール代表],河合太介 [(株)道(タオ)代表取締役社長]
【第9回】 2009年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今週、多くの企業で本決算の発表が行なわれます。昨年のリーマン・ショックをきっかけに世界中で広まった大不況は、日本企業にも多大な影響を与えそうです。

 そんな状況下、業績が大幅に悪化した企業の多くが、派遣社員や契約社員の継続打ち切りだけではなく、内定の取り消し、正社員の大幅な給与カット、実質的な退職勧告など、人件費削減の動きを加速させています。いわゆる「5月危機」です。

 「リストラだけはしたくない。だからこそ、ワークシェアリングをやってでも雇用を守りたい」

 なかには、そんな気持ちから、社員の勤務日数を減らし、やむなく給与を削減している企業もあります。

 しかし一方で、「これだけ業績が悪化しているのだから、業績の下落率に連動して人件費を削減するのは当たり前だ」と、大幅な給与カットや大量のリストラを推し進めている企業もあります。

 確かに、これほど急激な業績悪化は、会社にとっても予想外であり、「人件費も含めてコストを大幅に削減しなければ、会社として存続できない」という危機感が広がっているのだと思います。

 しかし、こんなときほど社員の“感情”をよく考えてみてください。メッセージの出し方次第で、社員の経営への信頼は大きく変わって来ます。

 信頼を大きく失うことにもなるし、逆に社員が「ここで本気で頑張らねば」という気持ちにもなる。メッセージ次第で、社員の感情や職場の感情は大きく変わります。

 それでは、どのようなメッセージを出し、どのような動きをとればよいのか? ぜひ、一緒に考えてみてください。

リストラそのものは仕方ない
大切なのは「社員への真摯な姿勢」

 こういう状況で一番問われるのは、「メッセージのなかに社員への思いやりや人に対する真摯な姿勢が貫かれているか」です。

 人をただの道具や部品のごとく考え、「会社の存続のために大幅な給与カットやリストラをすることは当然だ」といったメッセージを出してしまうと、社員の心は会社から急速に離れて行きます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋克徳 [(株)ジェイフィール代表]

野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、ジェイフィールの設立に参加。組織における感情問題の解決や組織活力向上のコンサルティングに全力を注ぐ。多摩大学講師など、多方面で活躍。共著の『不機嫌な職場』(講談社)はベストセラーとなる。
-----☆★日本中の職場をご機嫌に!★☆-----
ジェイフィールのホームページはこちら


河合太介 [(株)道(タオ)代表取締役社長]

ワトソンワイアットを経て、「人と組織のマネジメント研究所」(株)道(タオ)を設立。ベストセラーとなった『ニワトリを殺すな』をはじめ、『デビルパワー エンジェルパワー』『育ちのヒント』(共に幻冬舎)など著書多数。慶応丸の内シティーキャンパス客員ファカルティー。


不機嫌な職場の治療法

職場のコミュニケーションが断絶され、社員の対立や生産性の低下に悩む企業が続出しています。この連載では、ベストセラー「不機嫌な職場」の著者陣が、そんな職場の「治療法」をケース別に徹底指南します。

「不機嫌な職場の治療法」

⇒バックナンバー一覧