フィリピン 2013年10月30日

フィリピン経済の底力
家族のために働く海外出稼ぎ労働者たち

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。フィリピン経済の停滞に警鐘を鳴らすひとがいる。しかし、その根拠に海外出稼ぎ労働者たちからの海外送金は含まれているのか? そこにこそフィリピン経済の底力がある。


 このままではフィリピンのGDP(国内総生産)はベトナムに抜かれ、いずれはカンボジアにも抜かれるというひとがいる。戦後、東南アジアの雄であったフィリピン経済は、マルコスの腐敗政治にうつつを抜かしている間に、タイ、マレーシア、インドネシアの後塵を拝することになったが、まさかベトナムやカンボジアと比較されるようになるとは意外だった。。

 しかし、地方はまだしもマニラ首都圏、とくにマカティの建設ラッシュには目を見張るものがある。マカティだけでも20件程度の大型コンドミニアム建設プロジェクトが動いている。いったいこれだけのコンドミニアム・ユニットを誰が買うのか。まさに庶民の購買意欲が沸騰しているともいえる。

 ちなみにこれらのコンドミニアム・ユニットは25~50平米と小型で、価格も200万~500万ペソ(400万~1000万円)と中間層が手が届く範囲に設定されている。一方、かつて盛んだった富裕層向けの大型コンドミニアム・ユニットは影を潜めている。

ブエンジア通りとアヤラアベニューの交差点と好立地に出現しようとしているアルファ・ランド社開発のショッピングモールは開業間近、その背後には巨大なコンドミニアムが開発中だ【撮影/志賀和民】
大手デパートチェーンSM配下のSMDCが開発中のJAZZも完成が間近い。まさに住居、ショッピング、レジャーが一体となった街を形成しようとている。SMDCはこのほかにもマニラ首都圏に10件近いプロジェクトを遂行中だ【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。