株式レポート
11月5日 18時0分
バックナンバー 著者・コラム紹介
マネックス証券

海外投資家のスタンス 米国出張報告 PART2 - 広木隆「ストラテジーレポート」

10月下旬、米国に出張し、年金基金、大手運用会社、ヘッジファンドなどの機関投資家と面談した。その要旨を「海外投資家のスタンス 米国出張報告 PART1」にまとめてある。未読の方は、このリンクからお読み下さい。本稿はその続編である。

アセット・アロケーション
ヘッジファンドにはアセット・アロケーション(資産配分)という概念がそもそもないところが多いが、それでも債券投資には否定的な意見が多かった。

アセット・アロケーションについては年金基金とのミーティングが参考になった。訪問した先は、500億ドル(約5兆円)の資産を運用する国際的な公的機関の年金である。彼らの基本ポートフォリオ(SAA: Strategic Asset Allocation戦略的資産配分)は以下の通り。

株式: 60%
債券: 31%
実物資産: 6%
キャッシュ: 3%

株式は新興国も含むグローバル株式でMSCI AC Globalをベンチマークとしている。この株式ポートフォリオにはプライベート・エクィティ(未公開株)への投資も含まれる。実物資産は不動産ファンドを通じて不動産のエクポージャーを保有しているが、今後はティンバー(森林)にも投資する予定であるという。

これはほぼ標準的な米国の年金基金の基本ポートフォリオだろうと思われる。ちなみに米国最大の公的年金であるカルパース(Calpers: The California Public Employees' Retirement System カリフォルニア州職員退職年金基金)の資産配分は以下の通り。

株式: 64%
債券: 17%
実物資産: 11%
インフレ: 4%
流動性 : 4%

2011年10月12日付レポート「最先端の機関投資家に学ぶ新しい資産配分方法 金融危機の教訓 分散投資は効かないのか PART4 【リスク要因アプローチ】」でも紹介したように、カルパースはリスクベース・アプローチという資産配分方法を採用しているので、伝統的なアセット・アロケーションとはやや趣が異なるものの、訪問先の年金基金のポートフォリオとの共通性は見て取れる。すなわち、

・株式のウェイトが高いこと
・反対に債券のウェイトが低いこと
・実物資産への投資を行っていること

である。

彼らは基本ポートフォリオ(SAA)に対して四半期毎に機動的な配分の変更を行っている(TAA:タクティカル・アセット・アロケーション)。現在は株式をオーバー・ウェイト、債券をアンダー・ウェイトしている。史上最高値更新が続く米国の株式市場に代表されるように現在は世界的な株高にある。先日、日経新聞が報じたように、世界の株式時価総額は63兆ドルを超え、6年ぶりに過去最高を更新した。こんな状況で、株式のオーバー・ウェイトは怖くないかと訊いたところ、もちろん多少なりとも株式の割高感を感じないでもないが、ほかに持って行き場がないのだという。消去法的に株を買わざるを得ない。つまり、それほど債券やキャッシュを持っていたくないのだという。

訪問した年金基金の運用目標利回りは実質リターンで3.5%である。米国でもまったくインフレ圧力が強くないとはいっても、それでも年率2%弱のインフレはあるから名目では5%以上のリターンが必要である(カルパースの目標はもっと高く7.5%である)。そんな状況で10年債でも3%未満の利回りの国債を持っているだけで、ポートフォリオのリターンがどんどん目標を下回ることになってしまう。リスク・コントロールの観点から、ある程度は組み入れるが、現在のところは許容範囲最大のアンダー・ウェイトにしているとのことであった。

株式の比率が高く、債券の比率が低いというのは、我が国の年金ポートフォリオと正反対である。我が国の年金ポートフォリオは債券偏重である。例えば、120兆円という資産規模を誇る世界最大の公的年金、年金積立金管理運用独立行政法人(通称GPIF)の基本ポートフォリオを見てみよう。

株式: 24% (国内株12% 外国株12%)
債券: 71% (国内債60% 外国債11%)
キャッシュ: 5%

米国年金が運用目標を達成できないと嫌う債券を、これだけ大量に保有して、我がGPIFの運用はうまくいっているのだろうか?ところが、うまくいっているというのである。GPIFの報告書によれば、自主運用を開始した平成13年度以降の平均運用利回りは実質で約2%であるという。それは彼らが求められる「財政計算上の前提」(すなわち運用目標)を上回っているという。

種明かしをすればこういうことだ。GPIFが稼いだリターンは平均で約1.5%、しかしこの間の名目賃金上昇率が長引くデフレで、マイナスの0.5%だったため、実質リターンとしては約2%の運用成果を挙げたことになる。一方、財政計算上求められる名目の運用利回りは2.2%。ところが目標作成時に想定した名目賃金上昇率は1.9%。つまり実質目標リターンは約0.3%だから、大幅に目標を達成できたというわけである。なんのことはない、年間2%程度のインフレを見込んでいたのが、実際にはデフレが続いてきたので、実質リターンは目標を達成したのだという。これではデフレに助けられたようなものだ。

過去はそれで良かったとして、問題はこれからである。日銀は2%のインフレ目標を掲げ、脱デフレを志向している。GPIFの運用の成否が真に問われるのはインフレの時代になったときである。債券偏重のアロケーション見直しは不可避であろう。

人口が増えない日本
今回の出張で米国の投資家と話していて感じたことは、「人口が増えない日本で〜」と、「人口が増えない」というフレーズが日本を語る枕詞のように使われる、という点である。

あるヘッジファンドのマネージャーから答えにつまるような質問をされた。それは、「人口が増えない日本で、住宅着工件数が増加トレンドにあるのはなぜか?」というものである。

確かに住宅着工件数は回復基調にある。先日発表された9月の新設住宅着工戸数は、前年同月比で2割近く伸び13カ月連続の増加を記録した。9月としての伸び率は、5年ぶりの高水準。住宅ローン金利や住宅価格の先高感に、消費増税前の駆け込み需要も加わり、大幅に増えたのだ。もっとも1987年に記録したピークである年間180万件弱には程遠い。ピークの半分以下に落ち込んだボトムからの回復途上にあるということである。

「人口が増えない日本で、住宅着工件数が増加トレンドにあるのはなぜか?」という質問に対しては、上述のような特殊要因や全体観を示したうえで、こう回答した。
「人口は増えなくても世帯数が増えているから」
こどもが独立して親元を離れ、新しく家を買う需要が生まれているのだと説明した。
ところが、「少子化が進んでいるのだから、家が余るだろう」とそのヘッジファンド・マネージャーは言う。一人っ子同士が結婚したら、いずれどっちかの親の家が余るだろうと。それに対して僕の答えは、
「少子化だが、正しくは少子高齢化。親が死なないんだよ。家が空くまで借家暮らしで待っていられないんだ」



しかし、どうにもこうにも、そのヘッジファンド・マネージャーは納得しない。
「いいか、日本は人口が増えない。人の数は一定だ。だけど、新規住宅に対するニーズがある。更新需要もある。そこまではいいとしよう。新築住宅に移り住む人がいる。では、もといた家には誰が入る?」
「新築を買う人がいれば、中古を買う人もいるさ」
「新築を買った人が残した中古を買う人がいる。なるほど。では、その中古を買った人が、もと住んでいた家は誰が買う?人口は一定なんだ。そこに新築の供給があれば、最終的に家が余るだろう?」

むむむ?確かにそうだ。その場ではうまい答えが見つからず、日本に持ち帰ってから回答すると宿題にさせてもらった。

で、人口が増えない日本で新築の供給があれば、最終的に家が余るのではないか?という質問の答えだが、その通り、家が余っているのである。国土交通省の首都圏白書によると、昭和38年に12万戸だった首都圏に空き家は、平成に20年には186万戸と15倍に膨らんでいるのである。これは日本の中古住宅市場の規模が約17万戸だから、その10倍に匹敵する。



日本に帰国してからメールでそのように報告すると、即座に返信が来て、追加の質問があった。
1.それほど空き家が増加しているのなら、住宅価格の下押し要因にならないのか?
2.空き家があるというのは、家が転売されていないということだが、家を売らずにどうやって新築を買うのか?

中古住宅の市場規模が新築の10倍も大きい米国人にとっては合点がいかないことばかりだろう。しかし、それが日米の住宅市場のもっとも大きな相違点である。日本の住宅は圧倒的に新築物件主体で中古マーケットが発展していないのだ。だから空き家が増えようとも、そもそも新築の需要にはそれほど大きな影響はないし、物件は住宅ローンで購入するのが一般的である。逆に言えば転売市場が育っていないということである。

日本の全住宅流通量(既存住宅流通量と新築着工数の合計)に占める中古住宅の流通シェアは13.5%であり、アメリカの77.6%、イギリスの88.8%、フランスの66.4%に比べると格段に低い。木造建築主体の日本住宅の耐久性の問題かもしれない。欧米では一次取得者を中心に中古住宅を取得し、必要に応じリフォームするのが一般的、というライフスタイルの違いなのかもしれない。

いずれにせよ、「住宅市場」と一言で言っても、その構造は国によって違いがある。我々が普通に思うことを外国人は疑問に感じることもある。その意味で、PART1に述べたように、今回面談した海外投資家の「アベノミクス」に対する理解レベルが、少なくとも僕の周囲の日本人とほぼ同等であると確認できたのは収穫だった。




(チーフ・ストラテジスト 広木 隆)

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)


マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!

 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

 

Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング