ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

「ネットネットバリュー」と「真のPER」で探す割安株

2009年1月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

割安株の新指標

 株価が大きく売り込まれている。PBR(株価純資産倍率)1倍割れの企業の割合が73.5%、PER(株価収益率)10倍割れも28.2%(共に2008年11月末の東証1部)に上る。

 外国人投資家のポジション解消傾向が根強い一方で、個人投資家には押し目買い姿勢が目立つ。確かに市場混乱で株価が急落したときこそ、バリュー株の仕込み場面だろう。

 しかし注意すべきは「売り込まれたからバリュー株」ではないことだ。実際の企業価値以上に売り込まれている必要がある。

 それらをどう探せばいいか? PBR1倍割れは会社が倒産しても残された資産額が株価を上回ることになるが、現実にはたとえば企業が保有する機械設備を売却しようとしても、買い手が現れなければ評価額の回収は難しくなる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧