橘玲の世界投資見聞録 2013年11月6日

バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -後編-
[橘玲の世界投資見聞録]

  1979年3月20日、政治情報誌を発刊する弁護士兼ジャーナリストのミーノ・ペコレッリが自宅前の駐車場の車の中で死んでいるのが発見された。口の中に拳銃が突っ込まれ、2発撃たれていた。「オルメタ(沈黙)の掟」を破った者に対するコーザ・ノストラの死の制裁だった。

 “処刑”されたペコレッ リは、リーチョ・ジェッリという右翼のフィクサーから情報提供を受け、政財界の裏情報を記事にして小金を稼いでいたが、1978年5月に起きたアルド・ モーロ元首相の誘拐・暗殺事件に同じキリスト教民主党の大物政治家ジュリオ・アンドレオッティ元首相が関与しているとの暴露記事を発表してイタリア社会を激震させた。

 ジェッリはその当時、「P2」という秘密組織を運営していた。ペコレッリがこの“スクープ”を手に入れたのは彼自身もP2のメンバーで、アンドレオッティがP2会員であることを知っていたからだ。

 ペコレッリは同じ時期にもうひとつ、超弩級のスクープ記事を書いている。彼がジェッリを裏切ったのは口止め料を強請るためだといわれているが、この記事がイタリア現代史を大きく動かすことになる。

 ペコレッリは、独自に調べたバチカン内のP2会員100人の名簿を雑誌に掲載したのだ。

前回の記事はこちら

●バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -前編-

ジェッリが築いたP2という秘密組織

  リーチョ・ジェッリはイタリアの右翼活動家で、ムッソリーニ率いるファシスト党の民兵組織・黒シャツ隊としてスペインのフランコ政権を支援し、第二次世界大戦後はネオファシストと呼ばれたイタリア社会運動党の創設に参加し、幹部として活動した。反共主義者としてジェッリは、アメリカやイギリスの情報部に協力して共産党への謀略を仕掛けると同時に、ナチスドイツ戦犯の南米への逃亡を支援している。

 ジェッリは1963年、フリーメンソンのグランドロッジ「イタリア大東社」に入会すると、かつての有力支部「プロパガンダ」の再建を目指して「プロパガンダ2」略称「P2」を結成した。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。